mineo(マイネオ)で2017年6月から名義変更(譲渡)が出来るようになりました。格安SIM会社(MVNO)で対応してくれるところは、ほとんどありませんのでmineoは貴重な存在?です。

 mineo以外でも格安SIM会社で名義変更を行っているところも、幾つかありますが、非常に少ないです。

 子供が成人した時に名義変更を予定している場合も、mineoなら安心です。

 また、現在契約中のMVNOが名義変更が出来なくて困っている場合、名義変更目的にいったんマイネオに乗り換えるというのもアリだと思います。

(3ヶ月以上使ってくれるなら、事務手数料3,300円を無料にするエントリーコードを差し上げますよ)

 とりあえず前知識として、名義変更に必要なものは3つあるので、一応覚えておいてください。

名義変更に用意するもの
  • 同意書
  • 名義を変更したい方(譲受人)の本人確認書類
  • 名義を変更したい方(譲受人)名義のクレジットカード

※同意書はmineoから用紙が送られてきます。本人確認書類はサポート窓口で説明があります。
※クレジットカードは家族カードでも大抵は大丈夫とのことです。

 変更手続きには、この3つが必要になります。

mineoの名義変更の費用と日数

三親等以内の家族は無料、それ以外は3,300円

名義変更の費用
  • 家族間(三親等以内)は無料
  • それ以外は、3,300円

 名義変更(譲渡)は家族間が大部分だと思いますので、それを無料にしているmineoは大サービスをしていると思います。

日数はどのくらい? ⇒ 10日~1ヶ月

 郵送での手続きになるので、1週間以上はかかります。サポートセンターに問い合わせても、ハッキリとは決まっていないようで、私が電話したときの男性オペレーターは「3週間程度はみてほしい」とのことでした。

 実際に手続きを行った方の話をまとめると、手続きの書類を送ってから、早い人で1週間、遅い人では1ヶ月というところでしょうか。

 時期にも関係していると思いますので、早めに準備するのが良いと思います。

mineoの名義変更の流れ

① サポート窓口に電話

 ・0120-977-384(9:00~21:00 年中無休)
 ・手元に契約内容通知書または登録証を用意しておく

② mineo ➡ 譲渡人へ返信用書類が郵送されてきます

 ・同意書と返信用封筒などが同梱されています

譲渡人 ➡ mineoへ必要書類を返送します

 ・同意書と必要書類(免許証写し、住民票など)を返送します

④ 変更後の契約内容通知書が譲受人へ郵送されてきます(完了)

mineoの名義変更の詳細

サポートダイヤルの事前準備

 名義変更は、サポート窓口に電話しなければなりません。(インターネットでmineoマイページとかでは手続きはできません。)

 電話をするのは、現在の名義人です。

サポート窓口
  • 受付時間 9:00~21:00(年中無休)
  • 電話番号 0120-977-384(フリーダイヤル)
電話時に用意するもの
  • mineo契約内容通知書または登録証(契約内容が聞かれます)
  • 譲受人(変更後の名義人)の住所・名前・生年月日

オペレーターに、名義変更の理由を伝え、必要書類を教えてもらう

 電話をすると、まずガイダンスが流れます。その他6」を選びます。ガイダンスをもう一度聞きたい場合は「9」で確認できます。

 しばらく待っているとオペレーターにつながります。(結構待たされるかもしれませんが、他社でも同様です。でも年中無休は評価できます)

 名義変更したい旨を伝えます。

「子供の名義にしたい」
「妻の名義にしたい」等

 現在電話しているのは名義人本人かどうかを確認されます。

 現在の契約内容確認のやり取りがありますので、「mineo契約内容通知書」または「登録証」を手元に用意しておきましょう

 そして、譲受人(これから名義人になる人)の住所・氏名・生年月日を聞かれます。(事前に用意しておきましょう)

 次に必要書類を教えてもらいます。

 例えば、夫から妻、親から子供への名義変更の場合は、同一住所、同一名字のであれば、免許証があればOKとのことでした。住民票や戸籍謄本までは必要ないようです。

 ケースバイケースですので、オペレーターに確認しておきましょう。

同意書、必要書類を返送する

 数日中に、現在の名義人の住所にmineoから郵便物が届くので、必要なものを用意し不備がないかどうか確認した上で、返送しましょう。不明な点があれば、もう一度サポート窓口に電話して確認しましょう。

変更後の契約内容通知書は譲受人へ郵送される

 名義変更の手続きが完了すると、新しい名義人(譲受人)へ契約内容通知書が送られてきます。

 三親等以内の家族であれば無料ですが、それ以外は料金3,300円(税込)の費用が発生するので、請求は新しい名義人にきます。

 もちろん譲渡手続き完了月以降の月額料金は新しい名義人への請求となります。(名義変更完了後は、違う名義人のクレジットカードへ変更することは可能です。例えば、子供に名義変更した後、再び親名義のクレジットカードへ変更することもできます。)

mineoの名義変更で影響すること

  • eoID は変わります。仮eoIDが割り振られ、mineoマイページから好きなIDに変更することになります。
  • メールアドレスは、そのまま引き継がれます。
  • アンバサダー制度も引き継がれます。紹介アンバサダーの紹介人数もそのままです。
  • キャンペーンでの料金割引特典もそのまま引き継がれます。キャンペーン期間中にmineoにMNP転入して、名義変更をしてしまうのも良いかもしれません。
  • 「複数回線割」はeoIDが変更になるので解除されます。しかし、「家族割」を登録すれば割引きが復活します。

これからmineo 契約する方へ

 このブログでは、マイネオの「エントリーコード」をプレゼントしています!

 このエントリーコードをWEB申し込み時に入力すると、事務手数料 3,300円が無料になります。mineoに申し込むなら利用しないと損です

 指定URLから申し込んでくださる方に差し上げます。

 通話SIM(デュアルタイプ)、データ専用SIM(シングルタイプ)どちらのタイプもOKです。申込み予定はどちらのタイプなのかも教えてくださいね。

 通話SIM(デュアルタイプ)を指定URL(紹介URL)から申し込むと、3ヵ月目にマイネオから電子マネーギフト1,000円分がプレゼントされるので、チョットだけお得です。(紹介する側、紹介される側、ともに個人情報は知らされることはないので安心です。)

 連絡はこちらから↓

メールアドレスの入力を間違うと、エントリーコードを送れませんので、ご注意ください。

通話SIMデュアルタイプを申し込む方は、次の紹介URLから申し込むと、マイネオから3ヵ月目の25日頃に1,000分の電子マネーギフトがプレゼントされます。

デュアルタイプの紹介URL ⇒ https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=X8C7C6K8C7

データ専用SIMシングルタイプは ⇒ mineo公式サイトへ

 もちろん、エントリーコードは楽天、アマゾンでも購入できます。

 もしオススメするとすればアマゾンでの購入です。即ダウンロードできるサービスがあります。エントリーパッケージ(紙)を購入すると若干安い(逆に高い時もある)ですが、時間と送料が必要になりますので、ダウンロード版が便利です。

【アマゾン】mineo(マイネオ)エントリーコード・エントリーパッケージ

楽天でもパッケージ版が購入できますが、時期によって値段に差があります。

【楽天】mineo(マイネオ)エントリーパッケージ

 いずれにしても、エントリーコードを使わないと損をしますので、なるべく活用するようにしましょう。

おすすめの記事