お知らせ

スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランS」の改定について

「スマホベーシックプランS」では、月間の高速データ通信容量を使い切った場合の通信速度が送受信時最大128kbpsから最大300kbpsになります。月額利用料金の変更はありません。

キャンペーン情報

iPhone SE(第2世代)の販売開始!

 2020年8月27日からワイモバイルでiPhoneSE(第2世代)を販売開始しました。正規代理店のヤングモバイルでも購入可能です。最大23,000円のキャッシュバック特典付きで購入が可能です。ただ、ソフトバンク回線からのMNP(番号移行)の場合、最大13,000円(←変動します)になりますので、UQモバイル へ乗り換えた方が安いです。

iPhone SE(64GB)<定価57,600円>⇒実質34,600円での購入が可能になります。

詳しくは ⇒ こちら

※最新のキャンペーン情報は、ヤングモバイル公式ページでは掲載されていませんので、出来る限り当ブログで反映していきます。

  ワイモバイルは料金が大手キャリアと比べると比較的安く、通信品質がとても良いのでかなりの人気です。

 ワイモバイルは「格安SIM」を扱うMVNOに分類されることが多いですが、実はキャリアなんです。ソフトバンクの通信設備を活用していることもあって昼の混雑時間帯も遅く感じることはまずありません。

 キャリアなのに料金が格安SIM並ということで、ソフトバンク・ユーザーにとってもY!mobile(ワイモバイル)は乗り換え先として魅力的です。何と言っても経済的です。

 でもソフトバンク・ユーザーにとって、ワイモバイルへの乗り換えは、ちょっと躊躇してしまうんです。

ソフトバンク・ユーザーは、何故ワイモバイルに乗り換えないの?

 ソフトバンク・ユーザーにとって、本来Y!mobile(ワイモバイル)は最適な乗り換え先と言えます。

理由としては、

  1. 料金が安く
  2. 通信品質が高い
  3. 手持ちのソフトバンクスマホと相性が良い
  4. SoftBank/Y!mobileユーザーはPayPayで優遇がある
  5. おうち割が適用できる

などが挙げられます。

 しかし、ソフトバンク・ユーザーはワイモバイルへの乗り換えをためらいます。何故なんでしょう?

 ココにたどりついたソフトバンク・ユーザーならご存知ですよね。

理由:SoftbankからY!mobileへMNPの場合、キャッシュバック無し、端末割引も無し

 理由は、「docomoやauからのMNPなら受けられる割引が、SoftBankからだと適用されない」からなんです。結構、冷遇されてます。

 端末の購入価格が違い過ぎます。「ソフトバンク・ユーザーがワイモバイルに乗り換えるのは損」という主張をしているサイトも多いです。

 SoftBankとY!mobileはどちらも同じソフトバンクグループが運営している関係上、顧客数が増えるわけではないので、理解できない訳では無いのですが、ソフバユーザーの立場ではちょっとガッカリです。

 そこで、直接ワイモバイルに申し込むのではなく、あえて正規代理店を経由して申し込むという方法があるんです。そうすれば代理店独自の特典がもらえます。

 今回紹介するのは、ワイモバイル正規代理店ヤングモバイルです。

ソフトバンクからワイモバイルへのMNP:ヤングモバイル経由なら「現金キャッシュバック」が実現!

ワイモバイルの申し込み窓口は3種類

 その解決策としては、正規代理店経由で申し込むという方法があります。

 実はワイモバイルへの申し込み窓口は、3つあります。

  1. ワイモバイル公式
  2. ヤフーモバイル
  3. 正規代理店ヤングモバイル

1,2は両方とも公式サイトで、ソフトバンク系回線からのMNPでは、通常 現金キャッシュバックはありませんし、端末割引も無いです。(PayPay還元がちょっと有りますが……)

ヤングモバイルはY!mobileの正規代理店、メリットが多い

 しかし、正規代理店ヤングモバイルを経由してY!mobileに申し込めば話は違ってきます。ヤングモバイル独自の現金キャッシュバック特典を受け取ることが出来ます。

 ヤングモバイルはワイモバイルの正規代理店として2019年8月から本格的に販売を開始しています。

 ソフトバンク携帯販売サイト「おとくケータイ.net 」を運営している「日本企業開発支援」という会社がヤングモバイルも運営しています。

 「おとくケータイ.net」はソフトバンクのWEB販路では№1で年間数万台の販売実績がありますので信用はもちろんですが、携帯業務のノウハウも相当ありますので、Y!mobile正規代理店としても安心して大丈夫と言えます。

 そのメリットを幾つかピックアップしてみると、

ヤングモバイルのメリット
  • ①現金キャッシュバックが付く
  • ②手続きが簡単!相談しながらプランや機種を選べる
  • ③ワイモバイル公式キャンペーンも併用できる
  • ④契約後のサポートはワイモバイル公式サイトやショップを利用できる

メリット①:ヤングモバイル限定の現金キャッシュバックが付く

 ヤングモバイルのキャッシュバック特典は下記の通りです。現金キャッシュバックはワイモバイル公式サイトでは実施してませんので、ヤングモバイル独自のものです。7月17日からプランS・プランMを契約の場合もキャッシュバック特典が適用されるようになりました。

 ただ、オススメは最大キャッシュバックをもらえる「プランR」で契約し、開通後、ご希望のプランへ変更することが一番オトクです。

正規代理店ヤングモバイル キャッシュバック
端末+SIMセット
au、ドコモ回線
からのMNP
プランS 5,000円
(通常2,000円+
生活応援3,000円)
プランM 15,000円
(通常12,000円+生活応援3,000円)
プランR

23,000円
(通常20,000円+生活応援3,000円)

ソフトバンク
からのMNP
プランS 5,000円
(通常2,000円+
生活応援3,000円)
プランM 5,000円
(通常2,000円+
生活応援3,000円)
プランR 10,000円
(通常7,000円+
生活応援3,000円)
新規契約
プランS 5,000円
(通常2,000円+
生活応援3,000円)
プランM 15,000円
(通常12,000円+生活応援3,000円)
プランR 23,000円
(通常20,000円+生活応援3,000円)
SIMのみ
au、ドコモ回線
からのMNP
プランS 10,000円
(通常7,000円+
生活応援3,000円)
プランM
プランR
ソフトバンク
からのMNP
プランS
3,000円
(通常0円+
生活応援3,000円)
プランM
プランR
新規契約
プランS
 
3,000円
(通常0円+
生活応援3,000円)
 
プランM
プランR

 また、同グループ企業のソフトバンクからのMNPの場合、ワイモバイル公式サイトは端末割引特典も現金キャッシュバック特典も無い状態ですが、ヤングモバイルを経由するだけで、端末セットで現金5,000円~10,000円、SIMのみなら現金3,000円がもらえます。(※時期によって、条件や金額(UP↑)が変わります
 ソフトバンク系以外からのMNPなら、端末セットで最大23,000円、SIMのみでも10,000円キャッシュバックです。これだけの現金キャッシュバックは2019年10月の通信事業法改正の影響もあって、珍しくなりました。

 しかも、キャッシュバックは最短2週間というスピーディな振り込みになります。

 希望者には、キャッシュバックを月額割引にも変更できます。

 ただ、SIMのみ新規の場合は、時期にもよりますが、ワイモバイル公式ページからの申込みの方が、事務手数料3,300円が無料になる特典等でお得になる場合が多いです。ワイモバイル公式
 さらにもう一つのワイモバイル公式のヤフーモバイルなら事務手数料は無料ではありませんが、その代わり5日、15日、25日、11日、22日なら「5のつく日」「日曜日」特典などで結構お得です。⇒ ヤフーモバイル(ワイモバイル)

 ヤフーモバイルは特定の日にPayPay還元が大きいのが魅力なのですが、ヤングモバイルはそれに負けない額を「現金キャッシュバック」してもらえるので、もし端末セットを予定しているならヤングモバイルは結構オトクだと思います。

 もし、ワイモバイル公式やヤフーモバイルの方が特典が大きく感じる場合には、「問い合わせ」を活用して「ヤフーモバイルと比較して迷っている」と送れば、キャッシュバックの増額、あるいは商品券などで特典追加をしてもらえることが多いです(時期にもよりますが……)。

ここで、裏ワザ?!

「お問い合わせ・申込み」の質問・要望欄に「キャッシュバック増額希望」「ワイモバイル公式と迷っている」等と入力すると最大額のキャッシュバックが高い確率で実現します……やってみてくださいね。(事実上キャッシュバックは最大23,000円以上を継続しています。商品券でプラスαになる場合もあります。)

メリット②:WEBなのに「プラン選び」や「手続き」が簡単です

 今までキャリア・ショップや家電量販店でスマホ・携帯の手続きをするのが当たり前だったので、WEB申込みは難しそうで距離を置いていた方も多いと思います。実際、申し込む前の事前準備を自分で調べなければなりません。

 毎月の料金が安くなるとわかっていても、格安SIMへ一歩踏み出せないのは、わからない事が多く、全部調べるのが面倒だからですよね。

 でも、ヤングモバイルなら担当者と一緒に相談しながら進めることが出来ますし、いろいろ教えてもらえます。メールや電話を利用して、予算やライフスタイルに合った機種選びやキャッシュバックの増額?まで相談に乗ってくれます。

 契約完了まで面倒をみてくれますので、初めての方でも安心して手続きが行えます。

メリット③:Y!mobile(ワイモバイル)公式キャンペーンはもちろん併用できます

 ヤングモバイルは正規代理店なので、Y!mobile公式キャンペーンは当然ながら併用できます。

併用できる公式キャンペーン
  • おうち割
  • 新規割
  • スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン
  • 家族割
  • データ増量無料キャンペーン
  • 60歳以上ずーっと通話料無料キャンペーン
  • Yahoo!クーポン
  • どこでももらえる特典 PayPayボーナスライト3,000円相当

 逆に併用できないオンラインショップ限定キャンペーンをまとめると、

併用できないキャンペーン
  • 機種代金値引きキャンペーン
  • 事務手数料無料キャンペーン
  • 5のつく日キャンペーン
  • ゾロ目の日キャンペーン
  • オンラインショップのタイムセール
  • アウトレット端末の販売
  • その他オンラインショップ独自のもの

 新規あるいはソフトバンク系以外(docomoやau、MVNO)からのMNPであれば、公式オンラインショップ限定の機種代金割引と事務手数料無料で2万円割引を越える場合もありますので、公式サイトも結構お得な場合があります。(WEB申込みが一人で完結するのが不安な人はヤングモバイルの方が安心です。また交渉してみると+αの特典がもらえることが多いです。)

メリット④:契約後のサポートはワイモバイル公式だから安心

 ワイモバイル契約後のサポートはワイモバイル公式で受け付けてもらえます。

 契約前は正規代理店ヤングモバイルが相談や見積もりなどのサポートしてくれますが、契約後はワイモバイルの「チャットサポート」、「ショップサポート」、「LINEサポート」を受けることができます。

 もちろん、近くのワイモバイルショップも利用できます。

ソフトバンク系回線からのMNP:端末セットで現金キャッシュバック最大10,000円+α

繰り返しになりますが、

ソフトバンク系回線(格安SIMのSoftBank回線含む)から直接ワイモバイル公式サイトで申し込めば、機種代金の割引は特にありません。もちろん現金キャッシュバックもありません。

 しかし、正規代理店ヤングモバイル経由で申し込めば、端末セット(端末+SIMカード)であれば、最大10,000円(通常7,000円+生活応援3,000円)の現金キャッシュバック特典があります。最短2週間での振込となります。オプションの強制加入はありませんので良心的ではないでしょうか。

 さらに時期よりますが、キャッシュバックはプラスαで上乗せすることも可能です。商品券での還元になる場合も……、相談してみましょう。

ソフトバンク系以外からのMNP: 端末セットで最大現金23,000円+αのキャッシュバック

 ちなみに、ソフトバンク系以外(au、docomo系回線)からのMNP申込みの場合は、

  • 端末セット(端末+SIMカード)⇒ 最大現金23,000円キャッシュバック(通常20,000円+生活応援3,000円)
  • SIMカードのみ ⇒ 最大現金10,000円キャッシュバック(通常7,000円+生活応援3,000円)

となります。

 さらに時期よりますが、キャッシュバックはプラスαで上乗せすることも可能です。商品券での還元になる場合も……、相談してみましょう。

【併用可】どこでももらえる特典:PayPay 3000円相当

 公式サイトでは、現金キャッシュバックはありませんが、PayPay還元があります。

 事前にエントリーしていただく必要がありますが、特典併用が可能なので必ずもらいましょう。

 https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/entry/

「現金キャッシュバック」+「どこでももらえる特典」

【端末+SIMカード】プランRの場合
  • au、ドコモ回線からのMNP:26,000円相当
    (通常キャッシュバック20,000円+生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)
  • ソフトバンク回線からのMNP:13,000円相当
    (通常キャッシュバック7,000円+生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)
  • 新規契約:26,000円相当
    (通常キャッシュバック20,000円+生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)
【SIMカードのみ】
  • au、ドコモ回線からのMNP:13,000円相当
    (通常キャッシュバック7,000円+生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)
  • ソフトバンク回線からのMNP:6,000円相当
    (生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)
  • 新規契約:6,000円相当
    (生活応援3,000円+PayPay3,000円相当)

ワイモバイルのプラン3種類

 料金プランは当然、ワイモバイル公式と同じなのですが、キャッシュバック特典を最大限に利用するためにはプランRでスタートするのが一番オトクです。でも、安心してください。開通後プラン変更できるので特に心配はいりません。

 2020年7月1日から「プランM」と「プランR」、10月14日から「プランS」に関して料金は変更なしで、パワーアップしています。

 ①プランMのギガ数が増量されたこと、②プランM/Rの速度制限が128kbpsから最大1Mbpsに、プランSの速度制限が128kbpsから最大300kbpsへスピードアップされました。

 プランM/Rの最大1Mbpsへ底上げされたことで、標準画質で動画再生も可能なレベルになり、事実上、使い放題になったとも言えます。

 また、プランSについても速度制限が300kbpsになったことで、スマホで動画再生も低画質であれば可能になりました。もちろんAmazon MusicやSpotify等の音楽配信もデータ容量を気にすることなく楽しむことができます。

  スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR
高速データ通信容量 3GB 10GB 14GB
「データ増量オプション」適用時の高速データ通信容量※1 4GB 13GB 17GB
高速データ通信容量
超過時の通信速度
最大128kbps

最大300kbps
最大1Mbps 最大1Mbps
通話料 10分以内の国内通話は無料※2
基本使用料 2,680円 3,680円 4,680円
新規割 -700円
おうち割 光セット(A)※3または家族割引サービス(2回線目以降) -500円
月額利用料金(合計) 加入翌月~7カ月目 1,480円 2,480円 3,480円
8カ月目以降 2,180円 3,180円 4,180円

※1  「データ増量オプション」(月額500円)に加入して、「データ増量無料キャンペーン2」(1年間無料)が適用されている場合。1年経過後は、「データ増量オプション」の料金として、月額500円がかかります。
※2 1回当たり10分を超える国内通話は、10分超過分に20円/30秒の通話料が別途かかります。また、一部無料対象外の通話があります。
※3 別途固定通信サービス料が必要です。「SoftBank光」の場合は、指定有料オプション(月額500円~)への加入が必要です。

ワイモバイルとUQモバイルの料金について

 上記の表は、端末代金を含めない、通信料金のみの料金です。少し高めと感じるかもしれませんが、「国内通話10分かけ放題」込みの料金になっています。(他社ならオプションで850円/月 程度かかります)

 最大のライバルはUQモバイルと言われていますが、10分かけ放題が必要な方にとっては、「新規割」で最初の半年は700円安いです。

 また、ワイモバイルはキャリアなので、キャリアメールが標準(無料)で使えます。

 あと、UQモバイルを含め他社では有料(400円程度)になっている留守番電話が料金込みになっているので無料で利用できます。地味ですが利用者にとってはありがたいです。

機種代金込みの月額料金は?

 気になる機種代金込みの月額料金ですが、プランによって変わってきます。

 スマホ7というのは、アップルとの契約上の関係で明確な表記は出来ないので「スマホ7」と表記していますが、誰もが知っている有名なスマホです。

 キャンペーン期間中は、下記の価格は変更(安く)になります。また、キャッシュバックを月額割引に変更することも可能です。

 まずは、1分程度の簡単な入力で完了できるので、ヤングモバイルに相談してみましょう。

 キャンペーン前から相談しておくと、キャンペーン開始直後に有利な条件で申込みが可能になるかもしれません。「キャッシュバックの増額は出来ませんか?」等と伝えることも忘れずに。時期にもよりますが、最大限応えてくれます。

「問い合わせ・申込み」について

 ヤングモバイルのサイトには、「お問い合わせ・申込み」ボタンがあるのですが、クリックすると以下の画面が表示されます。

 他社のWEB申込みとは違って、単なる相談も、契約申込みも、まずは相談窓口に問い合わせをする形になります。そのため、連絡先として

  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
    の入力が必要です。いたって簡単な入力なので1分程で終わります。

 希望する機種が決まっている場合は一覧から選択します。一覧にない場合も、質問・要望欄に入力できますので気軽に質問できます。「とにかく最安の機種を教えてください」「今、一番お得な機種はどれですか?」「キャンペーン予定を教えて欲しい」等々、問い合わせてみましょう。

 キャンペーンに関しては、事前にお願いしておくと、キャンペーン開始直後に有利な条件を教えてもらえそうです。(ヤングモバイル公式HPではキャンペーン情報は掲載されません)

ポイント

 質問・要望欄に「キャッシュバックの増額は出来ますか?」「キャッシュバックの増額希望」というふうに入力してみてください。

 この呪文?!で、かなりの確率で応えてもらえますので、ぜひ試してみてください。(時期によりますが……商品券の場合もあります)。

キャンペーン情報

iPhone SE 第2世代 割引特典

■ワイモバイルのiPhone SE(第2世代)
ワイモバイルで販売するカラーはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色で
取扱う端末のデータ用量は現在64GBの1種類です。

約4.7インチの手におさまりやすいサイズにiPhone 11 Proと同じチップを搭載。
ポートレートモードで撮影できる美しいカメラも自慢です。

■キャッシュバック特典
・au、ドコモ、MVNO(ソフトバンク回線以外)から乗り換えの方、新規契約の方
通常特典20,000円+生活応援特典3,000円=機種代金から合計23,000円

・ソフトバンクからの番号移行(MNP)
通常特典10,000円+生活応援特典3,000円=機種代金から合計13,000円←変動します!

最大キャッシュバックは、スマホベーシックプランRでの利用開始(ただし「プランR」への加入期間に縛りは無いので開通後すぐにご希望プランへ変更していただく事が可能⇒翌月以降適用)

■月額料金例(すべて税込)
【プランS】
端末代金:1,600円×36回
プランS:2,948円
新規割:-770円×6回
ユニバーサルサービス料:2円
------------------------------
月額料金:3,780円 + キャッシュバック

【プランM】
端末代金:1,600円×36回
プランS:4,048円
新規割:-770円×6回
ユニバーサルサービス料:2円
------------------------------
月額料金:4,880円 +キャッシュバック

【プランL】
端末代金:1,600円×36回
プランS:5,148円
新規割:-770円×6回
ユニバーサルサービス料:2円
------------------------------
月額料金:5,980円 + キャッシュバック

【300×250】ヤングモバイル

おすすめの記事