お知らせ

期間限定で、最安値機種として人気の高いLibero S10 一括1,760円で購入が可能。Xpera8も割引中
  Android One S5 一括6,800円、HUAWEI P30 lite 一括6,800円)
  ⇒ 詳細はこちら

  ワイモバイルは料金が安く、通信品質がとても良いのでかなりの人気です。

 ワイモバイルは「格安SIM」を扱うMVNOに分類されることが多いですが、実はキャリアなんです。ソフトバンクの通信設備を活用していることもあって昼の混雑時間帯も遅く感じることはまずありません。

 キャリアなのに料金が格安SIM並ということで、ソフトバンク・ユーザーにとってもY!mobile(ワイモバイル)は乗り換え先として魅力的です。何と言っても経済的です。

 でもソフトバンク・ユーザーにとって、ワイモバイルへの乗り換えは、ちょっと躊躇してしまうんです。

ソフトバンク・ユーザーは、何故ワイモバイルに乗り換えないの?

 ソフトバンク・ユーザーにとって、本来Y!mobile(ワイモバイル)は最適な乗り換え先と言えます。

理由としては、

  1. 料金が安く
  2. 通信品質が高い
  3. 手持ちのソフトバンクスマホと相性が良い
  4. SoftBank/Y!mobileユーザーはPayPayで優遇がある
  5. おうち割が適用できる

などが挙げられます。

 しかし、ソフトバンク・ユーザーはワイモバイルへの乗り換えをためらいます。何故なんでしょう?

 ココにたどりついたソフトバンク・ユーザーならご存知ですよね。

理由:SoftbankからY!mobileへMNPの場合、キャッシュバック無し、端末割引も無し

 理由は、「docomoやauからのMNPなら受けられる割引が、SoftBankからだと適用されない」からなんです。結構、冷遇されてます。

 端末の購入価格が違い過ぎます。「ソフトバンク・ユーザーがワイモバイルに乗り換えるのは損」という主張をしているサイトも多いです。

 SoftBankとY!mobileはどちらも同じソフトバンクグループが運営している関係上、顧客数が増えるわけではないので、当然と言えば当然なのですが、ユーザーの立場ではちょっとガッカリです。

 そこで、直接ワイモバイルに申し込むのではなく、あえて正規代理店を経由して申し込むという方法があるんです。そうすれば代理店独自の特典がもらえます。

 今回紹介するのは、ワイモバイル正規代理店ヤングモバイルです。

ソフトバンクからワイモバイルへのMNP:ヤングモバイル経由なら「現金キャッシュバック」が実現!

ワイモバイルの申し込み窓口は3種類

 その解決策としては、正規代理店経由で申し込むという方法があります。

 実はワイモバイルへの申し込み窓口は、3つあります。

  1. ワイモバイル公式
  2. ヤフーモバイル
  3. 正規代理店ヤングモバイル

1,2は両方とも公式サイトで、ソフトバンク系回線からのMNPでは、現金キャッシュバックはありませんし、端末割引も無いです。

ヤングモバイルはY!mobileの正規代理店、メリットが多い

 しかし、正規代理店ヤングモバイルを経由してY!mobileに申し込めば話は違ってきます。ヤングモバイル独自の現金キャッシュバック特典を受け取ることが出来ます。

 ヤングモバイルはワイモバイルの正規代理店として2019年8月から本格的に販売を開始しています。

 ソフトバンク携帯販売サイト「おとくケータイ.net」を運営している「日本企業開発支援」という会社がヤングモバイルも運営しています。

 「おとくケータイ.net」はソフトバンクのWEB販路では№1で年間数万台の販売実績がありますので信用はもちろんですが、携帯業務のノウハウも相当ありますので、Y!mobile正規代理店としても安心して大丈夫と言えます。

 そのメリットを幾つかピックアップしてみると、

メリット①:ヤングモバイル限定の現金キャッシュバックが付く

 ヤングモバイル独自のキャッシュバック特典は下記の通りです。

正規代理店ヤングモバイル キャッシュバック
端末セット SoftBank以外からのMNP乗り換え
(au、docomo、MVNO)
現金20,000円
SoftBank系からのMNP乗り換え 現金10,000円
新規契約 現金20,000円
SIMのみ SoftBank以外からのMNP乗り換え
(au、docomo、MVNO)
現金5,000円
SoftBankからのMNP乗り換え 現金3,000円
新規契約 0円

 ソフトバンクからのMNPの場合、ワイモバイル公式サイトは端末割引も現金キャッシュバックも無いのですが、ヤングモバイルを経由するだけで、端末セットで現金10,000円、SIMのみなら現金3,000円がもらえます。

 ソフトバンク系以外からのMNPなら、もっと優遇されて端末セットで20,000円、SIMのみでも5,000円キャッシュバックです。

 最短2週間での振り込みになります。

 希望者には、キャッシュバックを月額割引にも変更できます。

メリット②:WEBなのに「プラン選び」や「手続き」が簡単です

 今までキャリア・ショップや家電量販店でスマホ・携帯の手続きをするのが当たり前だったので、WEB申込みは難しそうで距離を置いていた方も多いと思います。実際、申し込む前の事前準備を自分で調べなければなりません。

 毎月の料金が安くなるとわかっていても、格安SIMへ一歩踏み出せないのは、わからない事が多く、全部調べるのが面倒だからですよね。

 でも、ヤングモバイルなら担当者と一緒に相談しながら進めることが出来ますし、いろいろ教えてもらえます。メールや電話を利用して、予算やライフスタイルに合った機種選びやキャッシュバックの増額?まで相談に乗ってくれます。

 契約完了まで面倒をみてくれますので、初めての方でも安心して手続きが行えます。

メリット③:Y!mobile(ワイモバイル)公式キャンペーンはもちろん併用できます

 ヤングモバイルは正規代理店なので、Y!mobile公式キャンペーンは当然ながら併用できます。

併用できる公式キャンペーン
  • ワイモバ学割
  • おうち割
  • 新規割
  • スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン
  • 家族割
  • データ増量無料キャンペーン
  • 60歳以上ずーっと通話料無料キャンペーン
  • いい買い物の日キャンペーン
  • Yahoo!クーポン

 逆に併用できないオンラインショップ限定キャンペーンをまとめると、

併用できないキャンペーン
  • 機種代金値引きキャンペーン
  • 事務手数料無料キャンペーン
  • 5のつく日キャンペーン
  • ゾロ目の日キャンペーン
  • オンラインショップのタイムセール
  • アウトレット端末の販売
  • その他オンラインショップ独自のもの

 新規あるいはソフトバンク系以外(docomoやau、MVNO)からのMNPであれば、公式オンラインショップ限定の機種代金割引と事務手数料無料で2万円割引を越える場合もありますので、公式サイトもお得です。(WEB申込みが一人で完結するのが不安な人はヤングモバイルの方が安心です)

メリット④:契約後のサポートはワイモバイル公式だから安心

 ワイモバイル契約後のサポートはワイモバイル公式で受け付けてもらえます。

 契約前は正規代理店ヤングモバイルが相談や見積もりなどのサポートしてくれますが、契約後はワイモバイルの「チャットサポート」、「ショップサポート」、「LINEサポート」を受けることができます。

 もちろん、近くのワイモバイルショップも利用できます。

ソフトバンク系回線からのMNP:端末セットで現金キャッシュバック10,000円+α

繰り返しになりますが、

ソフトバンク系回線(格安SIMのSoftBank回線含む)から直接ワイモバイル公式サイトで申し込めば、機種代金の割引は特にありません。もちろん現金キャッシュバックもありません。

 しかし、正規代理店ヤングモバイル経由で申し込めば、端末セット(端末+SIMカード)であれば、10,000円の現金キャッシュバック特典があります。最短2週間での振込となります。オプションの強制加入はありませんが、「スマホベーシックプランR」契約でスタートする必要があります。(契約後、プラン変更可能です)

 さらに時期よりますが、キャッシュバックはプラスαで上乗せすることも可能みたいです。噂によると商品券での還元とか……、相談してみましょう。

ソフトバンク系以外からのMNP: 端末セットで現金20,000円キャッシュバック

 ちなみに、ソフトバンク系以外(au、docomo系回線)からのMNP申込みの場合は、

  • 端末セット(端末+SIMカード)⇒ 現金20,000円キャッシュバック
  • SIMカードのみ ⇒ 現金5,000円キャッシュバック

となります。

【併用可】どこでももらえる特典:PayPay 3000円相当

 公式サイトでは、現金キャッシュバックはありませんが、PayPay還元があります。

 事前にエントリーしていただく必要がありますが、特典併用が可能なので必ずもらいましょう。

 https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/entry/

「現金キャッシュバック」+「どこでももらえる特典」

【端末+SIMカード】
  • au、ドコモ回線からのMNP:23,000円相当
    (キャッシュバック20,000円+PayPay3,000円相当)
  • ソフトバンク回線からのMNP:13,000円相当
    (キャッシュバック10,000円+PayPay3,000円相当)
  • 新規契約:23,000円相当
    (キャッシュバック20,000円+PayPay3,000円相当)
【SIMカードのみ】
  • au、ドコモ回線からのMNP:8,000円相当
    (キャッシュバック5,000円+PayPay3,000円相当)
  • ソフトバンク回線からのMNP:6,000円相当
    (キャッシュバック3,000円+PayPay3,000円相当)
  • 新規契約:3,000円相当(PayPay3,000円相当)

ワイモバイルのプラン3種類

 料金プランは当然、ワイモバイル公式と同じなのですが、キャッシュバック特典の適用のためにはプランRでスタートする必要があります。

 ヤングモバイル担当者の方が教えてくれると思うのですが、後日プラン変更は可能です。

機種代金込みの月額料金は?

 気になる機種代金込みの月額料金ですが、プランによって変わってきます。

 スマホ7というのは、iPhone7のことです。アップルとの契約上の関係でiPhone7の表記は出来ないので「スマホ7」と表記しています。

 キャンペーン期間中は、下記の価格は変更(安く)になります。また、キャッシュバックを月額割引に変更することも可能です。

 まずは、1分程度の簡単な入力で完了できるので、ヤングモバイルに相談してみましょう。

【追加】キャンペーン情報

限定割引が22,000円! ⇒最新機種Libero S10が一括1,760円

対象期間
2月17日(月)-2月23日(日) ※延長の可能性もあり

対象機種
Libero S10(機種代金23,760円 - 限定割引22,000円 = 一括1,760円)
Android One S5(機種代金28,800円 - 限定割引22,000円 = 一括6,800円)
HUAWEI P30 lite(機種代金28,800円 - 限定割引22,000円 = 一括6,800円)
・Xperia8(機種代金54,000円ー3,600円=50,400円)

 最安値機種として人気の高いLibero S10が一括1,760円で購入が可能です。

条件
 ・2月中にご利用開始
 ・auやドコモ、MVNOから乗り換え 又は 新規契約の方
 ・スマホベーシックプランRでのご利用開始

注意点
・本キャンペーンをご利用する場合は、キャッシュバック対象外となります。
ソフトバンク or ソフトバンク系MVNOからの乗り換えは対象外となります。

もちろん、「どこでも貰える特典(PayPay3,000円相当)」の併用は可能です。事実上、Libero S10なら一括0円以下で購入が可能になります。

【300×250】ヤングモバイル

おすすめの記事