日頃はそんなに気にしていない「名義変更」。車や土地、家に関してなら、よく使う言葉なのかもしれませんが、MVNO(格安SIM会社)を選ぶ基準として「名義変更」については、あまり気にしてません。

 ほとんどのMVNO(格安SIM会社)は 名義変更(譲渡)に対応していません。

 しかし、後で困ることもあり得ますよね。
 「親が負担していた料金を子どもの自立と共に分けたい」「離婚したが、自分の携帯の名義は夫の名義になっていた」等など、名義変更をしなければ、今まで使っていた「電話番号」は引き継げません。

 MNP(乗り換え)も出来なければ、支払いを分けることもできないのです。

 一端解約して、新たに契約し直せば、「電話番号」が変わってしまいますから、それでは困ってしまいます。

MVNO(格安SIM会社)の名義変更の種類

 ところで、格安SIM会社(MVNO)での名義変更ってどういうことを意味するのでしょうか。主に三つあります。

名義変更の種類

①継承:契約者本人が亡くなり誰かに引き継ぐ場合
②改称:結婚などをして改姓した場合
譲渡:第三者に譲渡るする場合。家族間でも「譲渡」の手続きが必要になります。

 ①、②については、ほとんど各MNVO(格安SIM会社)は対応してくれます。

 しかし、問題は③譲渡としての名義変更を対応してくれるMVNOはごく僅かです。

名義変更(譲渡)に対応可能なMVNO(格安SIM会社)

 全てのMNVO(格安SIM会社)を調べたわけではないのですが、主要数十社の中で以下の4社が名義変更(譲渡)に対応してくれるようです。

  • mineo(マイネオ)
  • イオンモバイル
  • OCNモバイルONE
  • Ymobile(ワイモバイル) *本当はキャリアだが、料金が安いので格安SIM会社によく分類される
mineo(マイネオ)

 家族(三親等以内)は無料、それ以外は3,000円(税抜)かかります。
 家族が無料なのは嬉しいですね。他社は有料なので、三親等以内に限られますが無料で手続きできるのはココだけです。
 ただし、スマホ端末を分割払いで購入している場合は完済しないと名義変更(譲渡)できないです。あと、過去に支払いに問題があれば拒否される場合があるようです。
 まず、サポートダイヤルに電話して書類を送ってもらいます。

サポートダイヤル(通話料無料)0120-977-384
受付時間 9:00~21:00(年中無休)

イオンモバイル

家族と非家族いずれも3,000円(税別)

 イオンモバイルは、手数料が高いです。
 ご契約即日お渡し店舗でのみ変更ができます。WEBや郵送では手続きできません。
  名義変更時には現在の回線の名義の方と、変更後の回線の名義の方、両名の来店が必須になります。音声回線をご契約されている場合は、両方の名義の方の本人確認書類の提示が必要です。

 当事者本人の来店が必要、料金が高いことは気になりますが、店舗での対応は少し安心感があります。

OCNモバイルONE

 家族と非家族いずれも800円(税別)

名義変更受付センタに電話し、申請書を取り寄せ、郵送かファックスで提出します。
(譲渡の場合は、ファックス提出は不可) この名義変更(譲渡)の手続きには注意事項があるので、電話した際に説明を受けるようにしてください。

名義変更受付センタ
  0120-047-020 (10:00 ~ 18:00 / 日曜日、祝日、年末年始を除く)

Y!mobile(ワイモバイル)

家族と非家族いずれも3,000円(税別)

 本当は、MVNO(格安SIM会社)ではなく、キャリアですが、格安SIM並の月額料金ということもあって、ここに載せました。

改名、改称、承継による名義変更はもちろん、家族、友人、その他の非家族への譲渡に伴う名義変更も認められています。

 ワイモバイルも店舗での対応です。現在の回線の名義の方と、変更後の回線の名義の方、両名の来店が必要になりますが、イオンモバイルと違いは、譲渡を受ける方(譲受者)のみ来店でも委任状等の書類が揃えば、受け付けてもらえることです。

MVNO(格安SIM会社)の名義変更で困らないように

①キャリアで名義変更を済ませてから格安SIM業者に乗換える

 格安SIM会社(MVNO)へ乗り換える前に、キャリアで名義変更(譲渡)を済ませれば、後で困ることはありません。

 しかし、名義がバラバラの場合、格安SIMのメリットである「シェアプラン」や「家族割引」などの恩恵は一部受けられないかもしれません。格安SIM会社は、家族全員を同一名義に一本化を薦めています。支払いも同一名義のクレジットカード以外は受け付けてもらえないことがほとんどです。

 格安SIMの安さを享受し、かつ後で名義変更で困らないようにするためには、上記4社の中から選ぶことをオススメします。

 特に、家族間(三親等以内)での名義変更を予定している場合は、mineo(マイネオ)が手数料無料なので非常に助かります。

②名義変更できない格安SIM会社からキャリアへ移る

 既に名義変更ができない格安SIM会社(MVNO)を利用している場合、一端キャリアに乗り換えるという方法があります。

 大手キャリアは全国各地に店舗数も多いので、MNP(乗り換え)をしてから、名義変更を行うという方法もありえます。キャリアに戻りたいと考えているのであれば、良い方法です。

 手数料は、au 2,700円、docomo 2,000円、ソフトバンク 3,000円です。

 もちろん、MNP(転出と転入)費用がプラスされます。2019年10月以降の契約者は解約金が各社1000円以下になったので以前よりもMNPはしやすくなりました。

名義変更できる格安SIM会社(MVNO)に乗り換える

 格安SIM会社を選ぶのは種類が多すぎて、選ぶ基準は「安さ」「回線のスピード」「サポート体制」などさまざまです。

 後々、名義変更で手間取るのは厄介です。子どもが自立することが予定されている場合など、数年後に必要になってくる手続きなら、最初から選択の基準の一つに、名義変更が可能な格安SIM会社という観点を持って選んでみてはどうでしょうか。

・mineo

・OCN モバイル ONE

・イオンモバイル

・Ymobile(ワイモバイル)

数百社あるMVNO(格安SIM会社)の中で、対応可能な4社を選んでみました。(ワイモバイルはキャリアなのですが、料金が安いのでMVNO扱いにしました)

ワイモバイルとイオンモバイルは実店舗で対応してもらえるので、とても安心感があります。名義変更で悩んでいるのであれば、この4社から選ぶのが良いでしょう。

参考になれば幸いです。

 このブログでは、マイネオの「エントリーコード」をプレゼントしています!

 このエントリーコードをWEB申し込み時に入力すると、事務手数料 3,300円が無料になります。mineoに申し込むなら利用しないと損です

 指定URLから申し込んでくださる方に差し上げます。

 通話SIM(デュアルタイプ)、データ専用SIM(シングルタイプ)どちらのタイプもOKです。申込み予定はどちらのタイプなのかも教えてくださいね。

 連絡はこちらから↓

メールアドレスの入力を間違うと、エントリーコードを送れませんので、ご注意ください。
(メールアドレスの確認画面が表示されませんので……お願いします)

おすすめの記事