お知らせ

翌月にキャッシュバック15,000円!
2020年9月1日~2020年11月3日の期間限定で、データ端末同時申込みの場合、キャッシュバック15,000円の特典があります(サービス開始翌月指定口座に振り込まれます)。⇒端末代金 実質4,200円

BIGLOBE WiMAX の要点

最低利用期間が1年ー途中解約の場合も違約金は1,000円

  • 契約期間が短いので気軽に始めることができる
  • 既にデータ端末を持っている場合は、SIMのみの契約も可能

初月無料

  • サービス開始月は月額料金0円!

サービス開始翌月にキャッシュバック15,000円(端末代実質4,200円)

  • データ端末の同時申込で、サービス開始翌月に15,000円をキャッシュバック!ほぼ縛りが無いのに15,000円還元は非常に良心的で、オトクです
  • 受け取りタイミングの早さが評判
  • 普段使いのメールアドレスにキャッシュバック連絡が来るので安心

月額料金がずーっと3,980円 ➡ 他社の3年縛りの途中解約金を含めると、むしろ安い!?

  • 他社の3年しばりは途中解約金9,500円~19,000円。途中解約の可能性があるならBIGLOBEモバイルの方がむしろ安くなります
  • 別途、初期費用と端末購入の場合は代金が必要です

au、UQモバイル・ユーザーなら、さらにおトク♪

  • 「auスマートバリューmine」を申し込むと、利用中のauスマホの月額利用料金がKDDIにて最大1,000円値引きになります
  • さらに、「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,005円が無料になります

WiMAX 2+ 「ギガ放題」の通信制限について

 2019年3月からどんなときもWiFiをはじめ「クラウドSIM技術」を使った容量無制限WiFiが脚光を浴びていましたが、ここ2020年に入って様々なトラブルが発生しています。容量無制限でうたっていたハズなのですが、実際には通信制限をせざるを得ない状況になっています。

 その点、WiMAXは通信品質は高品質が保たれていて、安心して利用できます。

 ただ、注意点として、「ギガ放題」は確かにデータを無制限に使用できるプランではありますが、データ量が3日間で10GBを超えると翌日の18時から翌2時(8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。この1MbpsはYouTubeの最高画質での視聴は厳しいですが、そこそこ実用性のある通信速度でもありますので、気にしない方も結構多いです。

 逆に、翌日の夜の通信制限さえ気にしなければ、無制限に利用できます。特に朝から夕方までの時間帯を中心に利用するなら快適に利用できます。

 通信制限に関しては、もう一つ「ハイスピードプラスエリアモード」の7ギガ制限がありますが、後述します。

BIGLOBE WiMAXが向いている人は?

 2019年10月通信事業法改正の影響で「分離プラン」が導入され、解約時の違約金等の負担が大きく軽減されました。

 いち早くWiMAXにおいても、BIGLOBEが契約期間1年というギガ放題(1年)プランを開始しました。たとえ1年未満で解約したとしても違約金1,000円になりました。WiMAXの違約金に関しては、他社ではほとんど変更はなく、違約金9,500円~19,000円が相場となっています。

 BIGLOBEがWiMAX業界の先頭を切って解約金・違約金を1,000円を導入したのは評価に値すると思います。

 さらに2020年1月より、以前から要望の多かった「SIMのみの契約」が始まりました。WiMAXにおいて端末購入不要でSIMのみ契約は初めての試みではないかと思います。

 詳細は後述しますが、結論を先に言いますと、BIGLOBE WiMAXは長期利用しない人に向いています。長期利用する人には向いていません。

 その理由は、料金3,980円/月は安くはないからです。さらに4G LTEを利用する為にはオプション1,005円/月が必要になります(auスマホユーザーでauスマートバリューmine申込みの場合は無料)。月額料金はチョット高めだと思います。

 強みとしては、違約金1,000円という部分でしょう。これはWiMAXとしては、かなりのメリットなので、数ヶ月~2年程度だけ利用したい人ならばアリだと思います。他社WiMAXでは3年縛りが一般的で、途中解約の場合は違約金が9,500円~19,000円なので高額です。逆に3年以内の途中解約の可能性があるならBIGLOBE WiMAXはピッタリと言えます。

 長期利用を最安で考えているなら、やはりGMOとくとくBB WiMAXをオススメします。他サイトでもGMOとくとくBB WiMAXを推していると思うのですが、3年間のトータル費用が安いのと最新端末が無料でもらえるのは嬉しいです。

 もし、光やソフトバンク・エアーなどを現在契約中で、途中解約してWiMAXに乗り換えを検討しているならブロード・ワイマックス(3年契約)を検討してはいかがでしょうか。解約金・違約金を最大19,000円まで負担してくれます。もちろん最新端末もプレゼントしてくれます。

BIGLOBE WiMAXはどんな人が向いてる?
  1. 数ヶ月しか使わない人⇒月額料金は安くないが違約金が1,000円だから
  2. 端末を既にもっている人、又は手に入れることができる人

 結論を先に言ってしまいましたが、

 この記事では、新しいBIGLOBE WiMAXの新プラン「ギガ放題(1年)」と、それに伴うキャンペーンについて説明します。

▼ 最低利用期間1年、違約金1,000円 ▼

「BIGLOBE WiMAX 2+」

BIGLOBE WiMAX 2+ 「1年プラン」の契約期間と端末代金について

料金の支払方法は2種類

料金の支払方法
  1. クレジットカード払い
  2. 口座振替払い ⇒ 振替ごとに別途振替手数料200円が加算して引き落とされる

契約期間は1年のみ 違約金・解約金は1000円

 BIGLOBE WiMAX 2+「1年プラン」は、最低利用期間1年となります。と言いますか、新規申込みは「1年プラン」のみ受け付けています。以前の3年プラン等は受付終了しています。

 以前は「3年契約自動更新」が業界の常識で、3年ごとの「契約更新月」での解約については違約金無しでしたが、「契約更新月」以外での解約には最大で19,200円もの違約金が発生していました。

 この「1年プラン」は「最低利用期間1年」の契約で、1年毎の自動更新はありませんので、1年経過後はいつ解約しても違約金はありません。

 さらに、最低利用期間内の途中解約であっても違約金1,000円となっており、「縛り」がほとんどありません。この点はすごいメリットだと思います。

1年プランの契約期間と違約金
  1. 契約の縛りは「最低利用期間1年」(新規受付は1年プランのみ)
      ⇒ 「自動更新」ではないので、1年経過したらいつでも解約可能で違約金0円
  2. 「最低利用期間内」の解約でも違約金は1,000円
      ⇒ほとんど縛りが無いに等しい

端末を購入する場合:代金は有料に ⇒ 19,200円(実質4,200円)⇒意外に安いかも!?

 以前はBIGLOBE WiMAX 2+ の端末代金は、3年間継続利用を条件に実質無料となっていました。

 ところが、この新しい「1年プラン」では端末代金は有料になっています。今までのように無料にする仕組みは無く、端末代金19,200円」を「月額800円の24回払い」または「一括払い」で支払うことになります。

 契約期間・違約金については、大きく改善され、負担感が減ったように思うのですが、端末代金については、逆に大きな負担となっています。(⇒キャッシュバックが増額され改善された。追記2020.3.2)

 端末代金の支払いについてですが、月額料金の支払い方法によって違います。

  • 月額料金の支払方法が「クレジットカード払い」の場合には「24回分割払い
  • 月額料金の支払方法が「口座振替払い」の場合には「代引きによる一括払い

となっています。細かいですが代引手数料400円も必要になります。

 因みに、クレジットカード払いによるの一括払いはできません。

 また、端末代金の支払い途中でWiMAXを解約する場合は、端末残金は分割または一括での支払いになります。くわしくは後述します。

有料になった端末代金の支払方法
  1. 月額料金の支払方法「クレジットカード」の場合
      ⇒ 800円×24回払い(一括払いは不可)
  2. 月額料金の支払方法「口座振替」の場合
      ⇒代引きによる一括払い(手数料400円)

サービス開始翌月に15,000円のキャッシュバック ⇒ 端末代金 実質4,200円

 確かに19,200円の端末代金は安くはないのですが、翌月に15,000円のキャッシュバックがあるので、実質4,200円ということになります。以前よりもキャッシュバックが増額されて負担感が小さくなりました。

 むしろ、最新のWiMAX端末が実質4,200円で手に入るなら、お得かもしれません。WiMAXの端末は高性能かつSIMフリー端末なので、後々格安SIM等で再活用することが出来ます。

 このキャッシュバック特典の受け取りができる期間は、サービス開始翌月の2日目から45日間となります。

 キャッシュバックのタイミングが翌月というのは良心的だと思います。かなり早い方ではないでしょうか。通常は6ヵ月以上後が一般的です。

 繰り返しになりますが、支払方法がクレジットカード払いの場合は一括払いが出来ません。800円/月×24回になります。逆に、口座振替の方は分割払いは不可で一括払いの代引きのみです。

端末を購入しない場合:SIMのみ契約

 ギガ放題(1年プラン)が発表されて、問い合わせが非常に多かったのが、「SIMのみの契約は出来ないのか?」という内容だそうです。

 その要望に応えて、「SIMのみ」契約が可能になりました。

 WiMAXの契約数も延べ3,000万回線を超えたそうなので、使用せず眠っている端末が相当数あるはずなので、この「SIMのみ」契約は節約したい方にとってはニーズが高そうです。
(私も2台ほどWiMAX端末を眠らせたままです……)

「SIMのみ」契約の場合、SIMタイプが2種類あるので注意!

 手持ちの端末がどのタイプのSIMが合っているのかを確認しましょう。nanoSIMMicro SIM2種類あるので間違わないようにしましょう。もし間違えてしまった場合は、交換が必要になります。SIM再発行には手数料3,000円が必要になりますので、下の表で確認しましょう。

SIMの種類 利用できる端末
nano SIM(Ver.4) Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi NEXT W05
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT WX04
WiMAX HOME 01
Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L01s
Micro SIM(Ver.3) Speed Wi-Fi NEXT W01
Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi HOME L01
Speed Wi-Fi NEXT WX02
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11
URoad-Home2+
URoad-Stick
novas HOME+CA

 ただ、あくまでも自己責任ですが、nano SIMをMicro SIMに変換することは可能です。私はSIM変換アダプタを使ってSpeed Wi-Fi NEXT W03に格安SIMを挿して利用しています。ただ、この方法はオススメはしません。故障の原因になる可能性は否定できないので……。

BIGLOBE WiMAX 2+ 「1年プラン」の料金体系

初期費用

初期費用として申込手数料 3,000円 が必要です。

BIGLOBE WiMAX 2+ の月額料金

口座振替払い」の場合は振替ごとに別途振替手数料200円が加算して引き落としされます。

「ハイスピードプラスエリアモード」オプション1,005円は必要?

 オプション「ハイスピードプラスエリアモード」って何? ということなのですが、

 WiMAX 2+の通信モードの話になりますが、実は通信モードが2つあります。

  • 「ハイスピードモード ⇒ WiMAX 2+ 通信のみ ⇒「ギガ放題」の対象
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」 ⇒ au 4G LTE通信 ⇒「ギガ放題」の対象外(7ギガまで)

 オプション料金1,005円のハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEなので、auスマホと同じエリアです。auスマホと同じように電波を掴むことが出来るので、地下や高層ビルにも強いですし、移動中にも使えます。auスマホが使えるところであれば同じように使えます。

 移動先使うモバイル的な利用を考えているなら、このオプションは必須と言えるでしょう。

 ただ、注意点として「ハイスピードプラスエリアモード」は「7GB/月」までしか使えません。7ギガを越えると、「ハイスピードプラスエリアモード」と「ハイスピードエリアモード」の両方に128kBの速度制限・通信制限がかかります。この制限は翌月1日まで制限解除されませんので注意が必要です。

 それに比べてハイスピードモードはエリアが狭いですが、自宅等で固定回線のように使うのであれば、このオプションは必要ないかもしれません。

 ただ、事前にカバーエリアを調べておきましょう。
  ⇒ BIGLOBEでWiMAX 2+ の提供エリアをチェック
  (リンク先ページの中下段にサービスエリア項目があります)

auスマートバリューmine申込みなら「ハイスピードプラスエリア」オプションが無料!さらに最大1,000円割引

 オプション料金の1,005円はチョット高いですよね。

 ただ、この「ハイスピードプラスエリアオプション料」は利用になった月のみの請求となり、一度も利用がなかった月は料金はかかりません。

 auユーザーで、auスマートバリュー mineを申し込みの方は「ハイスピードプラスエリアオプション料」は無料となります。さらに、スマホ代金が最大1,000円割引になります。ダブルでお得です。

 注意点としては家族でauユーザーがいる場合、そのauユーザー名義でWiMAXを申し込し込まないと適用されないので注意が必要です。(名義が一致しないと割引が適用されません)

その他の割引

ギガMAX月割:ずーっと500円/月割引

 BIGLOBE WiMAX 2+とUQモバイルが同一名義の場合、ギガMAX月割を申し込むと、UQモバイル回線の月額基本使用料から毎月最大500円(税別)を割引してくれます。

スマホプランS/M/L ⇒ 500円
おしゃベりプランS/M/L ⇒ 300円
ぴったりプランS/M/L ⇒ 300円
おはなしプランS/M/L ⇒ 300円

途中解約したときの端末代金残債はどうなる?

 端末代金は24回払いなので、もし24ヵ月以内に解約した場合には端末代金の残債があります。この場合、端末残債はどうなるのでしょうか?

 パターンは2つあります。

WiMAX解約とBIGLOBE退会について

 BIGLOBEはWiMAX以外にも格安SIMや光回線などのサービスを提供しています。「BIGLOBE WiMAXを契約」というのは「BIGLOBEへ入会」+「WiMAXサービス追加」ということになります。

 実はBIGLOBE WiMAXの月額料金には「会費(ベーシックコース料金)200円」が含まれています。

 BIGLOBE WiMAXを解約する場合には、2パターンありまして、「BIGLOBE WiMAXのサービス解除」だけ行う場合と、「BIGLOBE WiMAXのサービス解除」「BIGLOBE退会」の両方を行う場合があります。

  1. BIGLOBEは退会せず、BIGLOBE WiMAXをのみ解約する場合は、端末残債は引き続き「毎月800円の分割払い」として会費200円と一緒に請求されます。
  2. BIGLOBEも退会し、BIGLOBE WiMAXも解約する場合は、残債は解約月の利用料金と一緒に一括請求となります。

「1年プラン」の料金まとめ

「SIMのみ」契約の場合

費用項目 ギガ放題(1年) SIMのみ契約
クレカ払い 口座振替払い
初期費用 事務手数料 3,000円
ルーター代金
代引き手数料
月額料金 利用開始月 無料
1~24か月目 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
口座振替手数料:200円
25か月目~ 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
口座振替手数料:200円
オプション 4G LTEオプション(月額1,005円)
※ハイスピードプラスエリアモードで通信した月のみ
※auスマートバリューmineを申し込みで無料
割引サービス auスマートバリューmine(最大1,000円割引)適用あり
ギガMAX月割(月額最大500円割引)適用あり
キャッシュバック なし
契約形態 最低利用期間1年(解約違約金1,000円)
2年目以降は違約金ナシ(1年過ぎれば違約金なし)

「端末セット」契約の場合

費用項目 ギガ放題(1年) 端末セット契約
クレカ払い 口座振替払い
初期費用 事務手数料 3,000円
ルーター代金 分割払い(800円×24回) 19,200円
※代引き一括払い
代引き手数料 400円
月額料金 利用開始月 無料
1~24か月目 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
端末代金:800円
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
口座振替手数料:200円
25か月目~ 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円含む
口座振替手数料:200円
オプション 4G LTEオプション(月額1,005円)
※ハイスピードプラスエリアモードで通信した月のみ
※auスマートバリューmineを申し込みで無料
割引サービス auスマートバリューmine(最大1,000円割引)適用あり
ギガMAX月割(月額最大500円割引)適用あり
キャッシュバック 15,000円
※サービス利用開始の翌月に銀行振り込み
契約形態 最低利用期間1年(解約違約金1,000円)
2年目以降は違約金ナシ

選べる端末

 最近はホームルーターの据え置き型が人気のようです。コンセントに差し込んで簡単な設定で使えるようになりますし、電波の届く範囲も広く安定しているようです。

 オススメは新製品の「WiMAX HOME 02(NECプラットフォームズ製)」です。かなり小型化されてスペースを気にすることなく、高品質なWiMAXを利用することが出来ます。これが実質4,200円で購入できるなら、「SIMのみ」契約よりもオトクかもしれません。

おすすめの記事