今あるスマホをそのまま「使える」「使えない」:SIMロックが邪魔をしている

 格安SIMのメリットは月額料金が安いことが筆頭にあげられますが、今使っているスマホ端末をそのまま活用できれば、端末代金の負担もなくなるので大きなメリットになります。

 でも、今あるスマホを「そのまま使える」のか、「そのまま使えない」のかって良くわかりません。

 「SIMロック」とか、「SIMロック解除」とか、時折耳にします。

 そもそもSIMロック(シムロック)って一体何なのか?……ということですが、端末を販売した事業者のSIM以外は使えない、ということなんです。

 簡単に言うと、docomoから購入したスマホはau回線やSoftBank回線では使えないということです。

 自社で販売した端末は他社では自由に利用できないように、大手キャリア同士で制限をしている、邪魔をしているということなんです。

 「SIMロック」によって、今あるスマホを「そのまま使えない」ようにしています。逆に、「SIMロック解除」を行えば、スマホ端末によりますが、使えるようになります。

 でも、大半の方が「SIMロック解除」の作業が面倒と感じてしまいます。

mineo(マイネオ)では「SIMロック」のデメリットを解消

 そこで、格安SIMのmineo(マイネオ)では、できるだけ簡単に、今あるスマホをそのまま使えるようにSIMロック解除不要、SIMロック解除をしなくてもそのまま使える対応をしています。

 SIMロックを解除する面倒な手続きをしないで、現在使っているiPhoneなどのスマートファンをそのままSIMを差し替えて使えます。

同じキャリア系の格安SIMであればSIMロックのままで原則OK

 携帯電話会社(キャリア)で購入したiPhone等は、他のキャリアのSIMカードが使えないようにロックがかけられていることが大きなデメリットなのですが、

docomoスマホはdocomo系の格安SIMauスマホはau系の格安SIMSoftBankスマホはSoftBank系の格安SIMを挿せば、SIMロックのままで原則使えます。

 もちろん例外もあり、格安スマホへ乗り換えの際、そのロックを外す「SIMロック解除」の手続きが必要な場合もあります。

 しかし、SIMロックのデメリットを簡単に解消するためには、同系列の格安SIMを利用するのが一番簡単です。

今あるスマホをそのまま簡単活用(SIMロックのまま)
  • ドコモから購入のスマホ ⇒ ドコモ回線の格安SIMを利用する
  • auから購入のスマホ   ⇒ au回線の格安SIMを利用する
  • ソフトバンクから購入のスマホ ⇒ ソフトバンク回線の格安SIMを利用する

mineo(マイネオ)は大手キャリア3社の回線を提供 ⇒ SIMロックのままでも使える ⇒ SIMロック解除不要 

 mineoの強みでもあるのですが、mineoは大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクの回線を提供しています。トリプルキャリアと言われています。

 キャリア大手3社の回線が用意されているので、対応端末の種類も多く、500種類以上の端末で動作確認をしています。あらゆるスマホ端末が利用出来ます。

 ⇒ 500種類以上の動作確認済み端末検索

 実際に、mineoユーザーの4割以上の人が現在使用中のスマホをそのまま活用していますし、以前使用していたものや中古で購入したもの、周りの人から譲渡してもらった端末など、合わせると7割の人が新品以外の端末を活用しています。

 実は、格安SIMをiPhoneで利用者している人は、mineoが一番多いんです。

mineoならどんなiPhoneもそのまま使える!? ⇒ 一部例外・制限もある

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアすべての回線に対応していることは述べましたが、対応するプランで申し込めば、届いたSIMカードに挿し替えるだけで、現在利用中のiPhoneがそのまま、すぐに使えるようになります。

ただ、SIMの種類が一種類ではないので、

  • au回線用なら、「au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)」か「nano SIM
  • SoftBank回線なら。「nano SIM」か「iPhone7以前用 nano SIM」を間違えないように注意するだけです。

名前が長くて難しく見えますが、複雑なものではありませんので、ご安心を。

大手3キャリアで購入のiPhone

お手元の
iPhone
au購入の
iPhone
ドコモ購入の
iPhone
ソフトバンク
購入のiPhone
Aプランを選択
(au回線)
Dプランを選択
(ドコモ回線)
Sプランを選択
(ソフトバンク回線)
XR
XS/XS Max

au VoLTE対応SIM(nanoサイズ)

そのままOK

マルチSIM
(nano)

そのままOK

nano SIM

そのままOK

X
8/8 Plus
7/7Plus

nano SIM

(一部テザリング不可)

そのままOK

iPhone7以前用
nano SIM

そのままOK

6s/6s Plus
SE
6/6 Plus
5s/5c
5

Aプラン(au回線)の一部例外・制限 ⇒ au VolTE SIMで対応

ちょっと残念なのは、Aプラン(au回線)において、テザリングに制限があります。これは本家auの影響なので、mineo以外の他社でも同様で、どうしようもないことなのですが、

  •  auプランnanoSIMでiPhoneのテザリングは利用できないんです。テザリングを利用するためには、SIMロック解除をして、「au VoLTE対応SIM」にする必要があります。
  • au iPhone6, 6 plus, 5s, 5cはSIMロック解除がそもそも出来ないので、テザリングができません。

 しかし、テザリングを利用しない人には関係ありません。テザリングを活用してない人は結構多いですね、私も全然してません。

Aプラン(au回線)の一部が将来利用できなくなる ⇒ 他社も同じ

 ただ、残念なことにau本家の方針で、2022年3月末をもって、auの3G携帯電話向けサービスが終了となります。
 つまり、auの3G携帯電話、3Gスマートフォン、au VoLTE非対応の4Gスマートフォンが2022年3月末をもって利用できなくなります。

 ということは、au iPhone6, 6 plus, 5s, 5cは、2022年3月末以降は格安SIMにおいても対応SIMがなくなってしまいますので、それらのiPhoneはWiFi等で活用するしかなくなります。

 逆に、手持ちのiPhoneを今のうちに、活用した方が良いと思います。

 今あるiPhoneを2022年4月以降も利用したい人は、SIMロックが解除できる機種なら(au iPhone6s以降の機種)、SIMロック解除をしておいた方が良いでしょう。⇒ auのSIMロック解除

mineo(マイネオ)へ乗り換え手順の概要

 mineo(マイネオ)の公式ページが最近リニューアルされいています。最新の詳しい申込み手順・方法の2019年版を今作成中なので、今回はその概要を載せておきます。

STEP . 1   MNP予約番号を取得する

キャリア等からMNP予約番号(乗り換えの為の引き継ぎ番号)を取得します。今までの電話番号をmineoでも利用する場合は、利用中のキャリアでMNP予約番号を取得します。

WEB上からも出来るのですが、オペレーターに注意点などを説明してもらえるので、電話がオススメです。

au : 0077-75470(無料) 9:00~20:00

docomo:ドコモの携帯電話から151(無料) 9:00~20:00

SoftBank:ソフトバンク携帯電話から*5533(無料) 9:00~20:00

STEP . 2   MNP予約番号を取得する

オペレーターが説明する注意事項を確認する

MNPの予約番号を取得する時、担当オペレーターから注意事項が説明されます。
この時、乗り換えにかかる費用も説明されるのでしっかりと確認しておきましょう。
説明してくれる主な費用は次のようなものです。

  • 契約解除料:1,000円又は9,500円(契約更新月でない場合)
  • MNP転出手数料:3,000円
  • スマホ代金の残額(残っている場合)
STEP . 3   スマホを用意する(購入の場合)

現在利用しているスマホをそのまま使わない場合は購入を検討

自分で購入するか、mineoから購入するかです。

mineoの端末は、正直言うと、安くはありません。ただ、iPhoneを購入する方はかなり多いみたいです。24回の分割払いが出来るからかもしれません。

STEP . 4   mineo(マイネオ)に申込む

mineoに申し込みましょう

契約には以下の書類などが必要になります。

  • 本人確認書類(免許証など)
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号

上記の3点は氏名が一致していることが必要です。

用意したスマホ端末に対応したSIMを事前に確認します。⇒ 動作確認済み端末検索  

STEP . 5   SIMが到着したら初期設定

数日でSIMが届くので、届いたら早速初期設定をしましょう。

具体的には「SIMの差し替え」と「APN設定」をすることになります。

同梱物で図付きの初期設定ガイドがあるので、参照しながらやりましょう。また、mineoはサポートがしっかりしているので、初期設定だけではなく、疑問点があれば色々質問できます。

mineoの「SIMロック解除不要」についてのまとめ

 「SIMロック解除」を行えば、一例として、auのiPhoneがドコモ回線の格安SIMで利用できるようになります。使える格安SIMの幅が広がるので、一般的には「SIMロック解除」をオススメします。

 しかし、手続きを少しでも簡単にしたいという要望は結構あるようなので、mineoであれば大手3キャリア全ての回線を提供しているので、その要望に応えることが出来ると思います。

 また、mineoは顧客満足度という点においても、常に上位にランクされているMVNO(格安SIM会社)なので、「格安SIMを利用するのは初めて」という人にも安心して利用できます。

mineo(マイネオ)の料金改定と契約解除料金改定

2019年10月1日から、日本全国大騒ぎとなりました「消費増税」、さらに通信業界には多大な影響が出ている通信事業法の改正も同じ日に施行となりました。

mineoにおいては、料金改定は特にないようです。消費増税分の2%上乗せだけのようです。

ただ、解約金(違約金・契約解除料)については料金改定がありました。

以前から、通話SIM(デュアルタイプ)とデータSIM(シングルタイプ)のどちらも解約金はありませんでしたが、通話SIMの場合は利用開始翌月から12カ月以内のMNP転出時契約解除料は1万円以上の料金が発生していました。

しかし、今回の通信事業法の改正により、MNP転出手数料は3,300(税込)のみ必要ということになりました。解約金は以前と同じ無料です。

ただし、2019年9月30日までに契約の方は、利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合に限り、MNP転出時契約解除料10,450円(税込)とMNP転出手数料3,300円(税込)が必要になります。

やはり、2019年10月1日以降に契約される方は、オトクな感じですね。

また、mineoでは無料にしている契約解除料ですが、他社では1,000円にしているところも多いかもしれません。

おすすめの記事