OCNモバイルONE 格安スマホ、iPhoneが大幅値引きの7周年記念バーゲン~9/15 AM11:00まで

このキャンペーンは終了しました!

9/15~新たに購入サポート・キャンペーンが始まっています。

最大15,000円割引!

例えば、iPhoneSE 64GB(第2世代)27,100円

2020/09/15更新

終了間近! 9月15日(火) 午前11:00まで

お知らせ

9/13  iPhoneSE   256GB(第2世代)の在庫復活!再販開始しています。

目次

OCNモバイルONE|7周年記念バーゲン概要

 OCNモバイルONEは、7周年記念バーゲンを9月15日11時まで開催しています。

 OCNモバイルONEでは通話SIM(音声対応SIM)とスマホ端末をセットで契約すると、超安でスマホ端末を手に入れることが出来ます。

 通話SIMを契約するなら、SIM単独よりも、スマホセットで申し込むのが大変オトクなので、オススメです。

 例えば、今回の7周年記念セールの一例では、

  • OPPO A5 2020 ⇒ 1円
  • moto g8 ⇒ 7円
  • ZenFone Max (M2) 4GB/64GB ⇒ 7円
  • 旧iPhoneSE ⇒ 1,400円

 キャンペーン価格から更に、「オプション割」、「MNP乗り換え割」で最大8,000円の追加割引の機種もあります。

OCNモバイルONE|7周年記念バーゲンの詳細

期間:2020年9月1日(火)11:00~2020年9月15日(火)11:00まで

条件:スマホ購入には通話SIMの同時契約が必要です

追加特典:指定のスマホ端末は、①オプション割引:3,000円、②MNP乗り換え割引:5,000円が適用されて、最大8,000円割引になる場合があります。

7周年記念バーゲン|オプション割+MNP乗り換え割⇒最大8,000円割引

①「あんしんモバイルパック」オプション割:3,000円割引

 「あんしんモバイルパック」オプションの同時申し込みで、スマホ端末が3000円割引になります。

 このオプションの内容は電話サポート、セキュリティ対策、データのバックアップの3つのあんしん機能で、スマホライフをサポートするサービスです。

 開通月は640円/月が無料になります。開通月に解約でもOKで、特にペナルティはないようです。電話サポートが必要なスマホ初心者には有り難いサービスでもあります。3,000円が割り引きになるので、とりあえず同時申込みをオススメします。

②MNP乗り換え割:5,000円割引

  au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、MVNO等からのMNP乗り換えで、スマホ端末が5,000円割引となります。

7周年記念バーゲン|価格一覧

価格一覧①

特 価 オプション割
3,000円
MNP割
5,000円
Redmi Note 9S 6GB/128GB ¥19,200 ¥16,200 ¥11,200
Redmi Note 9S 4GB/64GB ¥15,200 ¥12,200 ¥7,200
TCL 10 Lite ¥11,000 ¥8,000 ¥3,000
OPPO Reno3 A ¥15,300 ¥12,300
Mi Note 10 Lite ¥20,300 ¥17,300 ¥12,300
TCL 10 Pro ¥21,400
moto g8 ¥7
moto g8 power ¥3,100
moto g8 plus ¥7,800
AQUOS zero2 SH-M13 ¥57,700
arrows M05 ¥14,900 ¥11,900 ¥6,900
AQUOS sense3 plus SH-M11 ¥22,900
ZenFone Max (M2) 4GB/64GB ¥7
AQUOS sense3 SH-M12 ¥5,900
OPPO A5 2020 ¥1
OPPO Reno A ¥7,800
moto g7 plus ¥7

 人気スマホが 1円、7円って反則に近い値段ですよね。買って損することは有り得ない価格です。

 OPPO RenoA 7,800円も最安だと思います。新製品のOPPO Reno3 Aが12,300円というのも驚きです。

 品切れになっても、復活することもあるので、翌日の11時頃にチェックしてみると良いです。

価格一覧②

機 種 価 格 MNP割
5,000円
iPhoneSE (第2世代)(64GB) ¥34,000 ¥29,000
iPhoneSE (第2世代)(128GB) ¥39,000 ¥34,000
iPhoneSE (第2世代)(256GB) ¥50,000 ¥45,000
【未使用品】iPhoneSE (第2世代)(64GB) ¥27,100
【未使用品】iPhoneSE (第2世代)(128GB) ¥32,100
【未使用品】iPhoneSE (第2世代)(256GB) ¥42,900
【極美品】iPhone 11 Pro(64GB) ¥72,500
【極美品】iPhone 11 Pro(256GB) ¥84,600
【未使用品】iPhone 11 Pro(64GB) ¥87,400
【極美品】iPhone 11 ProMax(64GB) ¥85,600
【極美品】iPhone 11 ProMax(256GB) ¥98,600
【極美品】iPhone 11 ProMax(512GB) ¥103,700
【極美品】iPhone 11(64GB) ¥49,200
【極美品】iPhone 11(128GB) ¥54,300
【極美品】iPhone 11(256GB) ¥60,400
【メーカー認定整備済】iPhone XR(64GB) ¥55,100
【メーカー認定整備済】iPhone XR(128GB) ¥77,100
【未使用品】iPhone XR(64GB) ¥50,600
【未使用品】iPhone XR(128GB) ¥62,500
【極美品】iPhone XR(64GB) ¥37,800
【極美品】iPhone XR(128GB) ¥44,300
【極美品】iPhone XR(256GB) ¥51,800
【メーカー認定整備済】iPhone XS Max(64GB) ¥91,400
【メーカー認定整備済】iPhone XS Max(256GB) ¥104,700
【未使用品】iPhone XS(256GB) ¥50,300
【未使用品】iPhone XS(64GB) ¥48,200
【極美品】iPhone XS(256GB) ¥55,400
【極美品】iPhone X(64GB) ¥40,800
【極美品】iPhone X(256GB) ¥49,100
iPhone 8(256GB) ¥56,100
iPhone 8 Plus(64GB) ¥38,300
iPhone 8 Plus(256GB) ¥44,100
【極美品】iPhone 8(256GB) ¥23,200
【極美品】iPhone 8(64GB) ¥19,200
【極美品】iPhone 8 Plus(256GB) ¥29,200
【極美品】iPhone 8 Plus(64GB) ¥22,800
【未使用品】iPhone 7(32GB) ¥23,000
【極美品】iPhone 7(32GB) ¥3,900
【極美品】iPhone 7(128GB) ¥7,100
【極美品】iPhone 7(256GB) ¥13,100
【極美品】iPhone 7Plus(32GB) ¥24,300
【極美品】iPhone 7Plus(128GB) ¥24,000
【極美品】iPhone 7Plus(256GB) ¥26,500
【未使用品】iPhone 7Plus(32GB) ¥24,000
【極美品】iPhone SE(32GB) ¥1,400
【極美品】iPhone SE(64GB) ¥1,500
【極美品】iPhone SE(128GB) ¥3,700

 中古は未使用品も多く、極美品はキズが無いものばかりです。品切れになっても復活していることもありますし、追加されて品数が多くなる場合もあります。

OCNモバイルONE|7周年記念バーゲン おすすめスマホ端末

スマホ端末①|OPPO A5 2020:AI4眼カメラ搭載・大容量バッテリーの格安スマホ

OCNセール特価 ⇒ 1円

◆ディスプレイ:6.5インチ (HD+)、◆プロセッサ:SDM665、◆メインメモリ:4GB、◆ストレージ:64GB、◆質量:約195g、◆バッテリー:5,000mAh、◆コネクタ:USB Type-C、◆アウトカメラ:約1,200万画素 (f/1.8絞り値) + 超広角約800万画素 (f/2.25絞り値、広角119°) + ポートレートレンズ約200万画素 (f/2.4絞り値) + モノクロレンズ約200万画素 (f/2.4絞り値)、◆インカメラ:約1,600万画素 (f/2.0絞り値)、◆Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac、◆SIM:nanoSIM/nanoSIM、◆DSDV対応、◆VoLTE:docomo,au,Rakuten,Y! mobile、◆指紋認証/顔認証、◆防塵:IP5X

 OPPO A5 2020は、2019年11月1日に発売された4眼AIカメラ搭載の非常に電池持ちが良い格安スマホです。ライバル他社では1万円以下で販売されることは少ない人気スマホです。

 プロセッサはReno3 Aに搭載されているものと同じSDM665です。このプロセッサは比較的高性能で省エネ設計になっているので、バッテリー5000mAhの超大容量の本機は毎日充電する必要は無いかもしれません。

 気になるところは、6.5インチ大画面はHD解像度なので少し画質が悪くなるので、ゲームでは少し気になるかもしれません。

 それでも比較的高性能で超電池持ちが良いこと、DSDV対応で、楽天回線にも対応しているので、この価格は魅力的です。

スマホ端末②|Redmi Note 9S(4GB/64GB):超コスパの高性能スマホ、同価格帯でライバルなし

OCNセール価格⇒7,200円~15,200円

オプション割3000円+MNP割5000円⇒最大8,000円引き

◆ディスプレイ:約6.67インチ、◆プロセッサ:SDM 720G オクタコア(2.3GHz)、◆重量:約209g、◆メインメモリ:4GB、◆ストレージ:64GB、◆バッテリー容量:5,020mAh、◆VoLTE:au,docomo、◆アウトカメラ:約4,800万画素+約800万画素+約500万画素+約200万画素、◆インカメラ:約1,600万画素、◆WiFi:802.11a/b/g/n/ac、◆USB Type-C、◆nanoSIMスロット×2 、◆microSDカードスロット

 Redmi Note 9S(4GB/64GB)は2020年6月発売で、過去最高のコスパと言われているスマホなんですが、通常は2万前半で販売されています。メモリとストレージ容量アップした6GB/128GBモデルも販売されていますが、個人的には4GB/64GBモデルで十分ではないかと感じています。

 CPUのSDM720Gの性能は、OPPO Reno3 AやReno A、moto g8シリーズよりも実は少し高性能です。
高評価されているAI4眼カメラは4,800万画素(f/1.79)+800万画素超広角(f/2.2)+500万画素マクロ(f/2.4)+200万画素深度(f/2.4)……かなりの高性能です。

 DSDV対応でnanoSIM×2枚、microSDカードも同時に挿せます。実際にOCNモバイルSIMと1年間無料の楽天回線SIMの2枚挿して使っていますが、かなり快適です。

 防水機能は表記されていませんが、撥水加工がされていて少々水をかぶっても大丈夫とのことです。

 保護フィルムも貼付済みで、ケースや急速充電器も付属してきます。

スマホ端末③|OPPO Reno A:防水・防塵対応のおサイフケータイ

OCNセール価格⇒7,800円

◆ディスプレイ:6.4 インチ、◆プロセッサ:SDM710、◆質量:約169.5g、◆メインメモリ:6GB、◆ストレージ:64GB、◆バッテリー:3,600mAh、◆コネクタ:USB Type-C、◆アウトカメラ:約1,600万画素 (f/1.7 絞り値) + 約200万画素 (f/2.4 絞り値)、◆インカメラ:約2,500万画素 (f/2.0 絞り値)、◆Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac、◆Felica:対応、◆SIM:nanoSIM/nanoSIM、◆指紋認証/顔認証、◆防水:IPX7、◆防塵:IP6X、◆DSDV対応

 OPPO Reno Aは2019年10月発売された比較的高性能な防水防塵・おサイフケータイ対応スマホです。ライバルのAQUOS Sense3 SH-M12よりもプロセッサの性能が上で、ゲームをするならこちらが向いています。人気機種で相当売れています。

 その理由は防水・防塵・おサイフケータイ対応で、しかもAIカメラ性能も結構頑張っていて、暗いところでも明るく撮れます(f/1.7)。バッテリーも通常使用には十分です。

 これ一台で、何でも十分にこなせます。新製品のReno3 Aが販売されてますので、旧型RenoAが手に入りにくくなっていくので、狙っていた方は買い時かも知れません。

 ただ、カメラに相当こだわる方は、新製品のOPPO Reno3 Aがおすすめです。プロセッサ性能以外はスペックアップしていて、カメラも大幅性能アップしているので、写真・動画撮影の両方楽しめそうな端末になっています。

スマホ端末④|AQUOS sense3 SH-M12:コンパクトサイズの防水・防塵対応おサイフケータイ

OCNセール価格⇒5,900円

◆ディスプレイ:約5.5インチ , IGZO、◆プロセッサ:SDM630、◆重量:約167g、◆メインメモリ:4GB、◆ストレージ:64GB、◆バッテリー容量:4,000mAh、◆VoLTE(au,docomo)、◆アウトカメラ:約1,200万画素+約1,200万画素、◆指紋認証、顔認証、◆USB Type-C、◆DSDV対応、◆nanoSIMスロット×2、◆microSDカードスロット、◆(nanoSIMカードスロット2とmicroSDカードスロットは排他利用)

 AQUOS sense3は2019年11月に発売された防水防塵・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトなスマホです。

 特徴としては、バッテリー持ちが非常にイイので残量を気にせず動画等を楽しむことができます。CPU性能はライバル機種の多くがSDM665を積んでいるのに対してSDM630なので若干見劣りしますが、普段使いで特に困ることは少ないと思います。

 ディスプレイが5.5インチということもあってコンパクトで持ちやすいサイズ、IGZO画面はとても綺麗で、しかもおサイフケータイ対応なので使い勝手のよいスマホです。また耐久性に優れた頑丈な作りなので落としても壊れにくいです。ウッカリ屋さんやスマホ初心者にも安心して使えるスマホです。

スマホ端末⑤| OPPO Reno3 A:高性能カメラ&防水・防塵対応のおサイフケータイ

OCNセール価格⇒12,300円~15,300円

オプション割⇒3,000円引き

◆ディスプレイ:約6.44インチ , AMOLED(有機EL)、◆プロセッサ:SDM665、◆重量:約175g、◆メインメモリ:6GB、◆ストレージ:128GB、◆バッテリー容量:4,025mAh、◆VoLTE:au,docomo、◆WiFi:802.11a/b/g/n/ac、◆生体認証:指紋認証+顔認証、◆アウトカメラ:約4,800万画素+約800万画素+約200万画素+約200万画素、◆インカメラ:約1,600万画素、◆USB Type-C、◆nanoSIMスロット×2、◆microSDカードスロット、◆おサイフケータイ機能、◆防水防塵機能

 OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水防塵・おサイフケータイ対応スマホです。

 旧型OPPO Reno Aと比べるとカメラ性能が大幅強化されました。旧型のRenoAの性能で十分な方がほとんどですが、Reno3 Aはアウトカメラ約4800万画素(f/1.7) + 約800万画素(f/2.2) + 約200万画素(f/2.4) + 約200万画素(f/2.4)で超広角カメラも搭載しています。また手ぶれ補正で動画撮影の安定性も格段にアップしています。

 OPPO Reno Aと比べてCPU性能が若干落ちていますが、メインメモリが6GBありますので不自由することは少ないと思います。でもゲーム性能がダウンしているのはちょっと残念です。ゲーム性能が気になる方は、値段的にも買い時のRenoAを購入された方が良いでしょう。

 しかし、全体的いは相当コスパが良いです。外観のデザイン、色合いも綺麗です。カメラ重視でおサイフケータイも使いたい方にはオススメです。

スマホ端末⑥| Mi Note 10 Lite:高性能カメラ搭載スマホ

OCNセール価格⇒12,300円~20,300円

オプション割3000円+MNP割5000円⇒最大8,000円引き

◆ディスプレイ:約6.47インチ、◆プロセッサ:SDM730G、◆メインメモリ:6GB、◆ストレージ:64GB、◆質量:約204g、◆バッテリー:5,260mAh、◆コネクタ:USB Type-C、◆アウトカメラ:6,400万画素 +超広角800万画素+ 深度500万画素+マクロ200万画素、◆インカメラ:1,600万画素、◆Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、◆SIM:nanoSIM/nanoSIM、◆外部メモリ:なし、◆指紋認証/顔認証

 Mi Note 10 LiteとRedmi Note 9Sは通常なら価格が2倍程の差があります。なのに良く比較されがちです。なぜかというとRedmi Note9Sがコスパが半端ないからです。決してMi Note 10 Liteのコスパが悪い訳ではありません。実際には品切れ状態が続いていました。人気スマホなんです。

 この2機種の大きな違いは①Mi Note 10 Liteは有機ELを使っていて画面の発色が良く綺麗です。②メインカメラが6,400万画素にアップされています。CPUの性能は同じくらいです。(注意点としてはmicroSDカードが使えません。)

 普通はRedmi Note 9Sで十分なのですが、価格25,000円以下であればMi Note 10 Liteを買って損はないと思います。今回のセールでは相当安いので狙っていた方はチャンスだと思います。

 やはりカメラがより高品質で、ディスプレイが綺麗なので、より高性能を求める方にはMi Note 10 Liteの方が満足度が高いと思います。

スマホ端末⑦| moto g8 PLUS:トリプルカメラ搭載&全体的に高性能

OCNセール価格⇒7,800円

◆ディスプレイ:約6.3インチ, IPS、◆プロセッサ:SDM665、◆重量:約188g、◆メインメモリ:4GB、◆ストレージ:64GB、◆バッテリー容量:4,000mAh、◆VoLTE(au, docomo)、◆アウトカメラ:約4,800万画素+約1,600万画素+約500万画素、◆インカメラ:約2,500万画素、◆指紋認証、顔認証、◆WiFi:802.11a/b/g/n/ac、◆USB Type-C、◆nanoSIMスロット×2、◆microSDカードスロット(nanoSIMカードスロット2とmicroSDカードスロットは排他利用)

 moto g8 plusは2020年3月に発売された、比較的高性能なスマホです。moto g8シリーズの中で最上位グレードになっています。今回のセールでmoto g8、moto g8 power は大変安くて魅力的なのですが、プラス数千円でこのmoto g8 plusが手に入るので、出来ればこの最上位機種をオススメします。

 カメラの評判が良く、アウトカメラは4,800万画素メインセンサー+500万画素深度センサー+1,600万画素超広角アクションカメラを搭載したトリプルカメラ、AIで撮影シーンに応じ撮影モードや設定を自動で最適化してくれるので、暗い場面でも明るく自然に撮影することができます。

 また、超広角カメラを使って動画をブレなく撮影。

 防水とおサイフケータイには対応してませんが、全体的に高性能でまとまっていて、カメラを楽しみたい方はmoto g8 PLUSはオススメです。

OCNモバイルONE「月額料金プラン」「初期費用」など

月額料金プラン:スマホセットは「通話SIM契約」が必須

 初期費用は3,000円(税抜)とSIMカード手配料が394円(税抜)が必要です。

 OCNモバイルONEの月額料金プランは、1GB~30GBまでの音声対応SIM(通話SIM)、3GB~30GBまでのデータ通信専用SIM(データSIM)、SMS対応SIM(SMS付データSIM)が用意されています。

 プラン(データ量)の変更は、月1回無料で変更が可能で、翌月1日に適用されます。

初月の月額料金は無料です。また初月にプランを変更することも可能です。

また、余ったデータ量は翌月まで持ち越すことができます。

スマホセットを申し込むには、スマホ端末と音声対応SIM(通話SIM)の同時契約が必要です。

音声対応SIM
(通話SIM)
データ通信専用SIM
(データSIM)
SMS対応SIM
(SMS付データSIM)
1GB/月 1,180円
3GB/月 1,480円 880円 1,000円
6GB/月 1,980円 1,380円 1,500円
10GB/月 2,880円 2,280円 2,400円
20GB/月 4,400円 3,800円 3,920円
30GB/月 5,980円 5,380円 5,500円

スマホセット購入の注意点

注意点①:「最低利用期間・違約金なし」の悪用禁止⇒短期解約はダメ。最低7ヶ月は利用しましょう。

 最低利用期間・違約金なしで利用できるようになりました。

 以前にOCNモバイルを利用していた方はご存じかもしれませんが、6ヶ月の最低利用期間が設定されていました。6ヶ月以内に解約すると違約金も8000円でしたが、現在その規定は無くなりました。

 しかし、破格でスマホを購入できるわけですから、短期解約は止めましょう。初月が無料なので料金が発生するのは翌月以降なので、少なくとも端末が届いてから7ヶ月は利用しましょう。

(短期解約者は2回目以降、契約できなくなる可能性が大きいので注意しましょう)

注意点②:クレジットカード情報の入力が2回必要

 私も申込みの時に少し不安になったのですが、クレジットカード情報の入力が2回あります。

 通販等に慣れている方でも、クレジットカード情報の入力を連続2回することは余り経験がないと思います。

 1回目:スマホ端末購入のため
 2回目:OCN モバイル ONEの初期手数料および月額利用料の支払いのため

という訳ですので、ビックリしないでくださいね。

おすすめの記事