目次

nifty WiMAXを含め、通信速度などの品質は他社WiMAXプロバイダーと同じ

 WiMAX2+ は、UQコミュニケーションズが提供する回線を利用した高速モバイル通信です。ですから、WiMAXプロバイダは複数ありますが、WiMAX2+の通信速度はどこも同じです。nifty WiMAXでも、GMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX 2+、UQ WiMAX、プロバイダが違っても通信速度の違いは出ません。

 WiMAXの通信品質はどのプロバイダーを選んでも同じなので、キャッシュバックの額や受け取り手順、電話対応、解約金額の違いの差を事前に知っておくことが大事です。

※「WiMAX」と「WiMAX2+」は同じものと考えて差し支えありません(実際はチョット違いますが…)

nifty WiMAXの特徴(ザックリ)

 nifty WiMAXの最大の強みは、キャッシュバックが簡単・確実に受け取れることです。

 他社のWiMAXプロバイダーだとキャッシュバックの請求手続きができるのは契約してから1年後くらいになります。nifty WiMAXだともらえるのは他社と同じく1年後ですが、キャッシュバックをもらうための銀行口座の登録がすぐにできます。(他社だと口座登録できるのは1年後くらいなので、相当数の人が忘れてキャッシュバックを受け取っていないようです)

 また、更新月以外で途中解約する場合でも、他のWiMAXプロバイダと比較すると安く解約することもできます。

 もしnifty会員なら月額料金が250円引きになりますし、格安SIMのNifMoも月250円引きで利用することもできます。

 また、相談窓口となる、問い合わせ電話も他社に比べてスムーズにつながるようです。

 既にnifty会員の人や、格安SIM・格安スマホのNifMoを使ってみたい場合、キャッシュバックを確実にもらいたい場合にnifty WiMAXがおすすめです。

nifty WiMAXのおすすめポイントとメリット

  • キャッシュバックの手続きが簡単・確実にできる
  • 初月無料(他社は日割りが多い)
  • nifty会員は月額料金が250円引き
  • 格安SIM・格安スマホのNifMoの月額料金が250円引き
  • 3年未満の途中解約でも違約金が比較的安い

nifty WiMAXのデメリットと注意点

  • プラン変更するとキャッシュバックがもらえなくなる
  • キャッシュバック額が大きく変動する
  • 解約手続きが少し複雑になる

nifty WiMAXの料金プラン、キャッシュバック、その他費用、割引 など

 料金プランは2種類、「Flat3年ギガ放題プラン」と「Flat3年プラン」。

 「Flat3年ギガ放題プラン」はデータを無制限に使えるプランです。ただし、3日間で10GB超のデータを使うと翌日の18時から翌2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。

 「Flat3年プラン」は月間データ容量は7GBまでです。ほとんどの人が「Flat3年ギガ放題プラン」を選択しています。

  • 端末を受け取った日の前日が利用登録月(初月)になります。(初月の月額料金は無料)
  • 解約月は日割りにはなりません、月額料金満額です。

 端末代金は1円で、好きな端末を選べます。

nifty WiMAXの料金とキャッシュバック額

 すでにnifty光やNifMoを利用しているnifty接続サービス会員(nifty会員)の場合は@nifty基本料金が不要なので、月額料金が250円割引きになります。

  • 端末を発送した日が初月になります。
  • 初月の月額料金は無料です。(4、5日で届きます。月初めに契約するとオトク)
  • 初月の翌月を1ヶ月目としてカウントしています。
  • 解約月は日割りではありません。月額料金満額になります。

Flat3年ギガ放題プラン

Flat3年 ギガ放題プラン 新規会員 nifty会員
契約月数 初月+37ヶ月
登録手数料 3,000円
端末代 1円
初月(利用登録月) 月0円
1〜2ヶ月目 月3,670円 3,420円
3ヶ月目〜 月4,350円 4,100円
合計料金 162,591円 153,341円
キャッシュバック 23,000円
平均月額料金 月平均3,673円 月平均3,430円

Flat3年プラン(あまりオススメしません)

Flat3年 プラン 新規会員 nifty会員
契約月数 初月+37ヶ月
登録手数料 3,000円
端末代 1円
初月(利用登録月) 月0円
1〜2ヶ月目 月3,670円 3,420円
3ヶ月目〜 月3,670円 3,420円
合計料金 138,791円 129,541円
キャッシュバック 23,000円
平均月額料金 月平均3,047円 月平均2,804円

 Flat3年プランは月7GBのプランですが、7GBを使い切ると通信速度は128kbpsに制限されます。この速度では実質的に使えないのと同じです。

 数GBで契約したいのなら、Flat3年プランを契約するよりは、格安SIMとモバイルルーターの組み合わせの方が安いです。格安SIMと、1万円程度のモバイルWiFiルーターの組み合わせで、月7GBなら月額2000円以下で使うことができます。また、格安SIMのデータSIMであれば、いつでも違約金なしで解約も出来るのでリスクがないです。

 Flat3年プランは、最初ギガ放題を契約している人が、データをたくさん必要なくなった時、途中解約すると違約金が発生するので、解約月まで月額料金を抑えたい場合の変更用のプランと考えた方がよさそうです。ただし、キャッシュバックをもらう前にプラン変更した場合は、キャッシュバック特典は無効になるので注意しましょう。

nifty WiMAX 契約でauのスマホ料金が割引(auスマートバリューmine)

 他社WiMAXプロバイダーでも同じ割引をおこなっています。ギガ放題を契約して、auのスマホを契約している場合は月額料金を最大1000円割引されます。

 auの「ぴったりプラン」等を契約している人は、WiMAX2+を併用して、スマホのデータ通信量を抑えることができ、さらに最大1000円割引になるので大変オトクかもしれません。

nifty WiMAX はキャッシュバックのリスクが無く、確実にもらえる

キャッシュバック受け取り口座を直ぐに登録できる

お受取口座情報の参照・変更

 キャッシュバックの額ばかり目が行きがちですが、実はWiMAX他社では、もらい損ねている人が結構います。

 原因は、キャッシュバックお知らせメールを見落としてしまうからです。

 そのお知らせメールは 1年近く後に来るので、つい気付かず忘れてしまうというわけです。

 そしてキャッシュバック受け取り口座の登録をしないまま期限切れになってしまうケースがほとんどです。

 nifty WiMAXなら申し込んだ後に、 すぐにキャッシュバックの受け取り口座(自分の銀行口座)の登録ができるので安心・確実です。

 口座を登録したら、機器発送月を含む12カ月目に登録した銀行口座にキャッシュバックの金額が振り込まれます。

途中解約の違約金が少ない

 他の高額キャッシュバックを行なっているWiMAXプロバイダーだと途中解約の違約金の金額が高いのですが、nifty WiMAXは途中で解約する場合でも、通常の違約金になります。

 もし何かしらの理由でWiMAXを3年未満で解約する場合でも、nifty WiMAXなら他社と比べても少なめの違約金で解約できます。

 ⇒ 違約金詳細

注意点:プラン変更するタイミングを間違えるとキャッシュバックがもらえない

 nifty WiMAXは銀行口座を登録するだけなので、キャッシュバックは簡単・確実に受け取ることができます。

 ただし、6ヶ月以内にプランを変更するとキャッシュバックがもらえなくなるので要注意です。

 利用登録月の6カ月目までに、Flat3ギガ放題プランからFlat3プランにしたり、Flat3プランからFlat3ギガ放題プランに変更すると、キャッシュバックがもらえなくなります。

 プラン変更さえ気を付けておけば、nifty WiMAXのキャッシュバックの受け取りは簡単・確実です。

nifty WiMAX まずは、エリアチェックで確認

 nifty WiMAX はかなり広いエリアをカバーしていますが、対応エリアの「ピンポイントエリア判定」で使えるかどうかの確認をしてから申し込みをおすすめします。

判定が「○」の場合は、9割以上の確率で大丈夫だと思います。端末が届いたら問題がないかすぐ試すことをおすすめします。8日以内に連絡すれば初期契約解除もできます。

判定が「○~△」「△」の場合は、Try WiMAXで15日間無料で試すことができるので、それで実際に確認することをオススメします。

判定が「WiMAX2+は現在エリア外です」の場合はサービスエリア外です。

 nifty WiMAXでもauのスマホが使える場所ならネットができるハイスピードプラスエリアモードが使えますが、ハイスピードプラスエリアモードで使えるデータ量は月7GBまでです。7GB超えになると、ハイスピードモードが3日間10GB超えになってなくてもスピードが制限されてしまいます。

 3日間10GB使えるデータ通信は、高層階や見通しの良い窓から離れすぎると電波の受信が悪くなるので注意してください。

 WiMAX2+が安定しない場所でも、大手キャリアdocomo、au、SoftBankのスマホが使えるところなら3日制限も無く本当に容量無制限で使えるポットWIFI ⇒ どんなときもWIFI

 これはかなり評判良いのでチェックしてみてください。特に、ハイスピードプラスエリアの電波がつかめるなら無制限で使えます。

nifty WiMAXの通信速度

 WiMAXプロバイダは複数ありますが、WiMAX2+の通信速度は同じです。nifty WiMAX、Broad WiMAX、GMOとくとくBB、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX 2+ 等、プロバイダごとに通信速度の違いはありません。

 場所によって通信速度が大きく異なりますし、WiMAX端末によっても多少速度が変わります。

WiMAX端末のスペックには、下り最大440Mbpsとか、下り最大758Mbpsとか記載されていますが、実際にはそんな速度は出ません。場所に左右されますが、実際の速度は10~15Mbps程度とも言われています。

nifty WiMAX申し込みに必要なもの:本人名義のクレジットカード

 nifty WiMAXを申し込むのには本人名義のクレジットカードが必要です。

 何かの理由でクレジットカードが作れない場合には、口座振替で申し込めるWiMAXプロバイダーを検討してみてください。

<口座振替可能なWiMAXプロバイダー>

  Broad WiMAX

  GMOとくとくBB WiMAX2+

nifty WiMAXの問い合わせについて

 nifty WiMAXはオンラインチャットでの問い合わせはしていません。

 申し込みを検討している場合ならフリーダイアルでの問い合わせに対応しています。契約するとナビダイアルの有料電話になります。

契約を検討している人

@niftyお申し込み受付デスク
0120-50-2210(携帯電話・PHS 着信可 無料)
受付時間:10時~19時(年中無休)

nifty WiMAXを契約中の人

@niftyカスタマーサービスデスク
0570-03-2210 (携帯から10円20秒、固定電話から8.5円3分)
03-5860-7600 (IP電話・かけ放題を契約している人用)
受付時間:10時~19時(年中無休)

nifty WiMAXの違約金は、比較的安い

約3年契約なので、途中で解約すると違約金が発生します。

違約金
初月(利用登録月) 1万9000円
1カ月目~12カ月目 1万9000円
13カ月目~24カ月目 1万4000円
25カ月目~36カ月目 9500円
37カ月目 0円 (更新月)
38カ月目~ 9500円

 端末を受け取ってから8日以内なら1万9000円の違約金なしに初期契約解除をすることができます。

 2年未満で途中解約する必要が出た場合、nifty WiMAXの場合、端末代の未払いの支払いもないので、一番安く解約できます。(他社BIGLOBE WiMAX2+だと端末代の分割残金があります)

 nifty WiMAXは37カ月目の更新月で違約金がゼロになります。

 37カ月目で解約して、他社のWiMAXプロバイダーへ乗り換えするのがオススメです。

 3年更新でのメリットはほとんどありません。月額料金も安くなりませんし、キャッシュバックもありません。さらにWiFiルーターも古くなりバッテリーも劣化しています。

 3年ごとにWiMAXプロバイダーを変えれば、無料で新しいモバイルWiFiルーターが手に入り、キャッシュバックや月額割引の特典があるので、3年ごとにプロバイダーを乗り換えしていくのが得策です。

 何かしらの理由で違約金が発生する場合は、Broad WiMAXに乗り換えれば最大1万9000円の違約金を負担してくれます。

nifty WiMAXの電波が悪い場合は「初期契約解除」で解約、8日以内なら違約金なし

 WiMAX2+は端末を受け取ってから8日以内なら違約金なしに解約することができます。特に理由はなくても解約できます。

 事務手数料の3000円とWiMAX端末の返却の送料は負担する必要がありますが、8日以内なら1万9000円の違約金を支払わずに解約できます。

 nifty WiMAXへ、機器が届いてから8日以内(又は不在者票が届いてから8日以内)に電話して、初期契約解除を伝えて、初期契約解除の書面を送付(消印有効)するだけです。

 家で使ってみたら電波が不安定で使い物にならないとか、外で使いたい場所でほとんど電波が届かない場合は、初期契約解除です。

 端末を受け取ってから8日以内ですが、なるべく早めに試して、余裕をもってnifty WiMAXに電話をして初期契約解除の手続きをとった方が安全です。

nifty WiMAXの解約の仕方に少し難あり

 37ヶ月目の更新月で解約しないと違約金が発生します。

 nifty WiMAXは、解約する場合でもWiMAX端末とUIMカードの返却は不要です。(初期契約解除の場合は、端末とUIMカードの返却が必要です⇒送料は自分で負担です)

nifty WiMAXの解約はインターネットか電話で手続き可能

 月末までに解約手続きをすれば、当月中に解約できます。解約月は日割りにならず月額料金満額請求です。WiMAXは月末まで使うことができます。

niftyの「解約」と「解除」 ⇒分かりづらい

 nifty WiMAXを契約すると、niftyの「基本サービス」と「WiMAX」の2つを契約することになります。

 解除をする場合、WiMAXだけ契約解除になります。月額250円のniftyの基本サービスの支払いが続くことになります。

 解約を選ぶとWiMAXとniftyの基本サービスの両方が解約になり、月額料金の支払いもなくなります。

 nifty WiMAXは解約しても月末まで使うことができますが、niftyの基本サービスは解約した時点で全てのサービスが使えなくなります。解約する日を事前に指定することができるので月末指定で解約を行います。

 チョットややこしいです。よくわからない場合、niftyに電話で問い合わせて月末指定で解約を依頼すれば良いと思います。月末でなく余裕をもって早めに電話することをオススメします。

解約手続き:@niftyカスタマーサービスデスク

0570-03-2210 (携帯から10円20秒、固定電話から8.5円3分)
03-5860-7600 (IP電話・かけ放題を契約している人用)
受付時間:10時~19時(年中無休)

nifty WiMAXの各種割引

niftyの格安SIM・格安スマホNifMoの月額料金が250円割引きになる

 nifty WiMAXでnifty会員になっておくと、niftyの格安スマホ・格安SIMのNifMoの月額料金が250円割引きになります。

 格安スマホや格安SIMならスマホの月額料金が2000円くらいに節約できます。

 nifty WiMAXでnifty会員になっておくと、NifMoの音声通話SIM(月3GB)が月1350円で使えます。かなりオトクな月額料金です。

nifty WiMAX 契約でauのスマホ料金が割引(auスマートバリューmine)

 他社WiMAXプロバイダーでも同じ割引をおこなっています。nifty WiMAXを契約して、auのスマホを契約している場合は月額料金を最大1000円割引されます。

 auの「ぴったりプラン」等を契約している人は、WiMAX2+を併用して、スマホのデータ通信量を抑えることができ、さらに最大1000円割引になるので大変オトクです。

 ただ、電話を多く使う人で24時間かけ放題が必須な人はキャリアを使い続けるのもわかりますが、それ以外の人は、格安SIMへ乗り換えた方が節約できます。

nifty WiMAX 契約で UQモバイルが月300円割引きになる「ギガMAX月割」、 大手キャリアの並みの快適さ、料金は半額の格安スマホ

 nifty WiMAXを契約すると、格安スマホのNifMoを月250円引きで使うことができますが、nifty WiMAXとUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」を契約していると月額料金がずーーと300円引きになる「ギガMAX月割」を適用することができます。

 UQモバイルは、通信速度が大手キャリア並みのスピードで、かつ大手キャリア料金の半額程度でスマホが使えます。MVNO(格安SIM会社)の中でも満足度トップになっています。

 もともとUQモバイルのコスパは良いですが、ギガMAX月割の300円引き適用でさらに安くなります。

 格安スマホを1台だけ契約する場合ならNifMoの選択もありですが、複数台契約するならUQモバイルなら月500円の家族割を適用できます。複数契約だとUQモバイルの方がコスパがかなり良いです。

 UQモバイル1回戦目はギガMAX月割300円割引が適用され、2回線目からはギガMAX月割は適用されませんが、2回線目からUQモバイルの「おしゃべり/ぴったりプラン」が家族割で月500円引きになります。

nifty WiMAXの評判は?

 nifty WiMAXは、WiMAXプロバイダーの中で評判・評価は良いです。

 ただ、キャンペーンが縮小になるとキャッシュバックの額が数千円程度までに小さくなるので、その時期は他社にした方が無難です。

 nifty WiMAX以外にも、WiMAX 2+のサービスを提供している会社(プロバイダ)はたくさんありますが、実際に出る通信速度はどの会社を選んでも同じです。各社の差があるとすれば、月額料金、キャッシュバック額、キャッシュバックの受け取り安さ、問い合わせの対応、解約時の対応です。

 評判・評価に最も影響しているのがキャッシュバックのもらい損ねです。nifty WiMAXやBIGLOBE WiMAXの場合はキャッシュバックを簡単に受け取れますので、もらい損ねることはほぼ無しです。他社のWiMAXプロバイダーだとキャッシュバックをもらい忘れる流れになっているとも言えます。

 キャッシュバックをもらい損ねた人たちの批判が、他のプロバイダの評判を落としていることもあって、逆にniftyとBIGLOBEの評判を良くしている面はあるかと……。

 nifty WiMAXは、月額料金は業界標準ですが、電話対応も良く待ち時間も少ないようです。評判も良いのでオススメのWiMAXプロバイダーです。

 料金をどうしても最安にしたい場合は「GMOとくとくBB」が良いと思います。ただ、キャッシュバックの受け取りに難があるので、注意点を知り対策をとることが必要です。チョットした対策でちゃんとキャッシュバックが受け取れます。

nifty WiMAX まとめ

 nifty WiMAXは、そこそこ高額なキャッシュバックがもらえて、申し込み手続きをしたらすぐにキャッシュバック登録ができるので、もらえるのは1年近く後ですが、キャッシュバックをもらい損ねることがほとんどありません。

 ここまで親切にキャッシュバックがもらえるのはnifty WiMAXくらいです。

 解約もネットや電話で解約する月末までに手続きを行えば当月中に解約できます。端末等の返却もありません。(初期契約解除は別ですが)

 ネット上の評判も良いので、安心して契約できるWiMAXプロバイダーだと思います。

おすすめの記事